無印良品の各店で、「うぐいすボール」や「ミルクケーキ」など、日本各地で親しまれている“昔ながらのお菓子”6品が発売された。無印良品ネットストアでは2月12日より販売開始。

家族みんなで食べたくなるね
家族みんなで食べたくなるね

これは、「日本各地のお菓子を全国に広めたい」との思いから展開されるもの。今回は、6つの地域で昔から親しまれているお菓子がラインナップされている。

兵庫で生まれたかりんとう風味のあられ「うぐいすボール」(200円、税込、以下同じ)や、浅草の“縁起物”「おこし」(200円)、京都で生まれた梅の形の「そばぼうろ」(200円)、山形生まれのミルク菓子「ミルクケーキ」(150円)、愛知県で生まれた「しるこサンドクラッカー」(200円)、円形の型に入れて焼き上げた「無選別 南部せんべい」(280円)の6品。いずれも“昔ながらの製法”で作られているそうだ。

左上から、うぐいすボール、おこし、そばぼうろ  ミルクケーキ、しるこサンドクラッカー、無選別 南部せんべい
左上から、うぐいすボール、おこし、そばぼうろ
ミルクケーキ、しるこサンドクラッカー、無選別 南部せんべい