デンマーク発のチョコレートブランド「Summerbird Organic(サマーバード オーガニック)」が2月13日、日本初となるチョコレートブティックを東京・南青山にオープンする。

ブランドを代表するスイーツ「クリーム キス」
ブランドを代表するスイーツ「クリーム キス」

サマーバード オーガニックは「自然からインスピレーションを」というコンセプトのもとに生まれたデンマークのチョコレートブランド。ブランド名の“サマーバード”は、デンマーク語の“蝶々”を英語に訳したのが由来だそう。

創業者は、ショコラティエでもあるミカエル・グロンルッケ氏。彼は世界中を旅しながら「もっとも美味しい原材料」を専門の農家から取り寄せることに力を注いだ。この製造工程がのちに“Bean to Bar(ビーン トゥ バー)”という名で知られるようになったそうだ。現在、使われている材料はデンマーク政府から「100%オーガニック認定」を受けているとか。

同ブランドを代表するスイーツが「クリーム キス」(税別600円)。200年以上前に誕生したというデンマークの伝統菓子“フルーボラー”をアレンジしたものだ。アーモンドペーストをベースに、マシュマロのようなメレンゲクリームを繊細なチョコレートで薄くコーティング。口に入れた瞬間、味わい深いチョコレートのカリッとした食感が訪れ、直後にふわふわのメレンゲクリームのとろける口どけが楽しめるそう。フレーバーは「クラシック」「アンバー」「ホワイト」の3種がラインナップ。

このほか、オーガニックティーやコーヒー、チョコレートドリンクなど“100%オーガニック”のメニューが提供される。

“100%オーガニック”のスイーツやドリンクを楽しんで
“100%オーガニック”のスイーツやドリンクを楽しんで

店舗所在地は、東京都港区南青山5-5-20。営業時間は10時~20時。なお、南青山の店舗にはチョコレートラボも併設。お客はカフェでゆっくりとくつろぎながら、ショコラティエの手により「クリーム キス」がつくられていく臨場感たっぷりの工程を見ることができるそうだ。