静岡県のクラフトビールメーカー「御殿場高原ビール」から、コーヒーのアロマが加えられたビール「Cafe-ale(カフェ エール)」が登場した。バレンタイン期間限定で販売される。


カフェ エールは、コーヒーのアロマを加えつつ、すっきりとしたのど越しに仕上げられたエールビール。ビールとコーヒーの香りがほどよく調和しているそう。女性醸造士がバレンタイン向けに考案したそうだ。

静岡県でコーヒー卸として80年以上の歴史を持つトミヤコーヒーの協力のもと、ビールの香りや苦みと最も調和する豆を厳選して使用。コーヒーやチョコレートのビールは濃い茶色や黒色のものが多いなか、淡色のエールビールに仕立てられている。


考案した佐野由里加さんは「エールビール独特の香りとコーヒーが共存し、ビールやコーヒー好きの方はもちろん、女性にも飲みやすいビールですので、ぜひバレンタインのプレゼントとして、大切な人と一緒に飲んでいただきたいですね」とコメントしている。

価格は、350ml缶が375円(税込、以下同じ)、500ml瓶が540円。御殿場高原ビール(静岡県御殿場市)内のレストラン「グランテーブル」で購入できる。またオンラインショップでは、500ml瓶の4本セット(2,800円)が展開されている。いずれも販売期間は2月5日から2月21日まで。