カップスイーツの定番、プリン。コンビニでは菓子メーカーの商品に加え、各社のオリジナル商品も販売されています。

コンビニスイーツの定番「プリン」
コンビニスイーツの定番「プリン」

中でもファミリーマートには、チョコプリンやカボチャプリンなどの変わりダネをのぞく、ノーマルなプリンだけで4種も(都内、2016年1月現在)。ラインナップは「濃厚カスタードプリン」「ミルクとたまごの味わいとろけるプリン」「とろ~り感動生とろプリン」「くちどけ贅沢プリン」となっています。

名前を見る限り、それぞれ異なるアピールポイントを持っているよう。でも、実際どれほど違いがあるのでしょうか?気になったので食べ比べつつ、それぞれを食べるのに見合ったシーンを考えてみました。

■濃厚カスタードプリン  190円(税込、以下同じ)

もっともシンプルなパッケージ。賞味期限が他の3種は2週間以上先なのに対し、こちらは3日後。ひとつだけ足の早い商品となっています。

「濃厚カスタードプリン」
「濃厚カスタードプリン」

とろりとなめらかな食感に、ほどよい甘さ。名前通りの濃厚なタマゴの風味に加え、ミルクのコクが感じられます。

色も濃いめのタマゴ色
色も濃いめのタマゴ色

プリンの味わいがしっかりしているせいか、カラメルソースの主張は弱め。4種の中で最も食感があり、お腹にたまるので、甘いものでお腹を満たしたいときにぴったりです。

■ミルクとたまごの味わいとろけるプリン  108円

他に比べてやや小さめのサイズで、価格も最安。

「ミルクとたまごの味わいとろけるプリン」
「ミルクとたまごの味わいとろけるプリン」

名前の通り、とろけるようななめらかな食感。タマゴよりもミルクの風味が強め。やさしい甘みが、どこか懐かしく感じられます。

“子どもの頃食べたプリン”という感じ
“子どもの頃食べたプリン”という感じ

カラメルもシンプルな甘さで、全体に比較的さっぱりとした味わい。サイズの点からも、お腹いっぱいだけどデザートも食べたいときに良さそう。

■とろ~り感動生とろプリン  152円

名前に「感動」と入ったプリンもなかなかないでしょう。期待が高まります。

「とろ~り感動生とろプリン」
「とろ~り感動生とろプリン」

プラスチックのフタを開けると、別添えのカラメルソース。

カラメルソースは別添え
カラメルソースは別添え

さらにフィルムのフタをはがすと、とろとろの…プリン?

ゆるい
ゆるい

疑問符がついてしまうほど、液体よりのプリン。カラメルソースをかけて食べると、もったり、とろりと舌の上でとろけて広がります。タマゴのコクが強く、カスタードクリームに近いかも。

カスタードクリームっぽい
カスタードクリームっぽい

ほぼ飲み物のようなゆるさですが、口にした瞬間からあと味までしっかり甘いので、ボリューム感はあります。とにかく甘いものが食べたい!というときにぜひ。

■ファミマプレミアム くちどけ贅沢プリン  210円

4種中もっとも高価な“ファミマプレミアムシリーズ”のプリン。黒とゴールドを基調とした高級感のあるパッケージには、「北海道産純生クリーム使用」「特製琥珀色のカラメルソース付」「マダガスカル産バニラビーンズ入り」など、期待をあおるフレーズの数々。中身が全く見えないのも、店内の見えない高級料亭みたいでドキドキします。

「くちどけ贅沢プリン」
「くちどけ贅沢プリン」

こちらもカラメルソースは別添え。

カラメルソースの袋も金色
カラメルソースの袋も金色

こぼれそうだったので、ひと口ぶんすくってからかけました
こぼれそうだったので、ひと口ぶんすくってからかけました

口どけは「とろ~」ですらなく「スッ」としたもの。一瞬で溶け去り、上品なミルクの味わいと、バニラの甘い香りが広がります。カラメルソースはほろ苦く、焦がした風味が本格的。
 
名前の通り“贅沢”な気分が味わえるので、夜、家でゆっくり楽しむのがお似合い。洋酒なんかと合わせてもよさそう。

一瞬の口どけを楽しむ
一瞬の口どけを楽しむ

食べ比べると、思った以上に個性豊かだったプリンたち。どれにするか迷ったら、参考にしてみて下さいね。