「ちょっと贅沢」って、いい言葉ですよね
「ちょっと贅沢」って、いい言葉ですよね

昨年(2015年)の秋冬から、銀座コージーコーナーで“大人向け”のエクレア「ちょっと贅沢なエクレア(ビターチョコ)」と「ちょっと贅沢なエクレア(塩キャラメル)」が販売されているのをご存知でしょうか?どちらも税込価格は151円。いつものエクレア(税込129円)と比べると、お値段もちょっと(約20円)贅沢になっています。

奥がビターチョコ、手前が塩キャラメル
奥がビターチョコ、手前が塩キャラメル

失礼を承知で店員さんに「何がちょっと贅沢なんですか?」と聞いてみたところ、「どちらもフランス産の“ちょっと贅沢”な素材が使われています」と教えてくださいました。なるほど!エクレア自体もフランスのお菓子ですしね。より本場の味に近づいているのかも(?)しれません。

●買って食べてみた

ちょうど「日常にちょっと贅沢をプラスしたいなぁ」と思っていたタイミングだったので、買って食べてみました。

まずはビターチョコ。ちょっと贅沢なポイントは、中に入ったチョコクリームが濃厚かつビターな味に仕上げられていることと、フランス産のオレンジリキュール「グランマルニエ」が加えられていること。表面にかけられたチョコも、通常より少し苦みを強くしてあるとか。

見た目はいつもと同じだけど、中身が違う
見た目はいつもと同じだけど、中身が違う

もしゃっと生地にかぶりつくと、とろ~んと口の中にあふれ出てくるぽてぽてのチョコクリーム。カカオを凝縮したような、しっかりと苦みの効いた濃厚なチョコレート味です。ふわっと香りの広がりが良いのは洋酒のおかげ?

キレのあるビターなエクレア
キレのあるビターなエクレア

続いて、塩キャラメル。ちょっと贅沢なポイントは、中に詰まったキャラメルカスタードクリームに、フランス産ゲランドの塩を加えてあること。表面にはキャラメル風味のチョコレートがかけられています。

キャラメルカスタードのエクレア
キャラメルカスタードのエクレア

とろけるクリームは、ほんのり効いた塩味がキャラメルの香ばしい甘みとカスタードのコクを引き立てます。ビターチョコのエクレアと比べて、全体的にやや甘めの仕上がり。まろやかな乳の味も強めです。しゅわっと溶ける生地と後引くリッチなクリーム、より相性がいいのはこちらかも。

生地とクリームが口の中で溶け合う
生地とクリームが口の中で溶け合う

ちなみにどちらも普通のエクレアと重さ・サイズはほぼ同じつくりだそう。…ですが、今回買った二つを並べてみたところ、塩キャラメルのほうが若干ふくよかに見えたような気がします。たぶん個体値かと。

塩キャラメル(左)のほうが、ちょっとふっくらして見える?
塩キャラメル(左)のほうが、ちょっとふっくらして見える?

いずれも期間限定(終売日は未定)商品のため、いつなくなってしまうか分からないそう。「ちょっと贅沢したいな」と思ったときが食べどきですよ!