東京ディズニーリゾート(TDR)内の複合型商業施設「イクスピアリ」が3月から4月にかけてリニューアルされ、移転・改装も含めて計18店舗がオープンする。

注目のショップは、イスラエル発のチョコレート店「MAX BRENNER CHOCOLATE BAR(マックスブレナーチョコレートバー)」や、昨年日本に上陸したばかりのパイ専門店「Pie face(パイフェイス)」。いずれも国内最大面積の店舗となる予定。

かわいい「パイフェイス」がイクスピアリに!
かわいい「パイフェイス」がイクスピアリに!

マックスブレナーは、米国ニューヨークをはじめ、世界で人気を集めている。ピザ生地の上にチョコレートとマシュマロをのせて焼き上げた「チョコレートチャンクピザ」が看板メニュー。ほか、フォンデュやワッフルなどチョコレートを使ったメニューが展開されている。

イクスピアリ店では、サンドイッチやパスタなどの“セイボリーメニュー”(食事系メニュー)が本格的に導入され、スイーツだけでなく食事も楽しめるそうだ。

セイボリーメニュー、気になる
セイボリーメニュー、気になる

一方パイフェイスは、ミートパイとコーヒーを中心とした、オーストラリア発のパイ専門店。2015年10月に日本上陸を果たし、川崎と渋谷に出店している。パイの表面にかわいらしい顔が描かれているのが特徴。

具だくさんのミートパイをはじめ、“セイボリーパイ”やスイーツ系のデザートパイなど、さまざまな味のパイが販売されている。またオーストラリアから直輸入されたオリジナルコーヒーも楽しめる。

いずれも4月下旬にオープンする予定。