ウィーン菓子専門店「Neues(ノイエス)」(東京都港区)に、バレンタイン限定スイーツ「Venusbrüstchen(フェヌスブリュストヒェン)」が登場します。日本語にすると「ヴィーナスの乳首」。なんとも大胆なネーミングのお菓子です。

刺激的なバレンタインスイーツ、「ヴィーナスの乳首」
刺激的なバレンタインスイーツ、「ヴィーナスの乳首」

つるんとなめらかな半球状のお菓子、その上にちょこんとのせられたピンク色の突起。見た目は完全に“アレ”ですね。

中には柔らかいマロンペーストが入っていて、ラム酒の香りがそっと広がるのだとか。

ドキッとする名前だけど、れっきとしたオーストリアの伝統菓子なのだそう。かの有名な作曲家モーツァルトも食べたといわれる、ザルツブルグの銘菓だそうです。彼を取り上げた大ヒット映画「アマデウス」(1984年制作)にも登場します。

ノイエスのものはホワイトチョコレートにより“白色”ですが、本場では黒色のものもあるみたい。オーストリアを訪れる予定のある方は、探してみてはいかがでしょう。

価格は、クリスタルのBOXに2個入って1,200円(税込)。ノイエスの店頭およびオンラインショップ(1月20日~2月15日)、日本橋三越「スイーツコレクション」(2月3日~2月15日)で販売されます。