天丼チェーン・てんや各店で、“初春の味覚”を盛り合わせた「早春天丼」と、九州産の銘柄鶏「華味鳥(はなみどり)」を使った「華味鳥のとりつくね天丼」が1月14日に発売される。販売期間は3月2日まで(予定)。

旬魚わかさぎを使った早春天丼
旬魚わかさぎを使った早春天丼

早春天丼は、てんや初の霞ヶ浦産わかさぎを使った天丼。柔らかく、程よく脂がのったわかさぎを薄衣でカラッと揚げた天ぷらは、サクサクの食感とホクホクの白身が楽しめるそう。このほか、濃厚なうまみの「イタヤ貝の小柱」や、ふんわりとした「活〆あなご」の天ぷらを合わせて仕上げられている。価格はみそ汁付き830円(税込、以下同じ)から。

霞ヶ浦で獲れたわかさぎの天ぷら
霞ヶ浦で獲れたわかさぎの天ぷら

一方、華味鳥のとりつくね天丼は、しっかりとしたうまみと肉厚な歯ごたえが特徴という九州産の銘柄鶏、華味鳥を使った天丼。ジューシーな鶏天2枚と、つくね、かぼちゃの天ぷらをご飯にのせ、食べごたえのある一杯に仕上げられているとのこと。価格はみそ汁付き650円から。

人気の華味鳥を使ったボリュームたっぷりの一杯
人気の華味鳥を使ったボリュームたっぷりの一杯