2015年もあと少し。今年もグルメに関するさまざまなワードが盛り上がりました。「熟成肉」「日本酒ブーム」「ちょい飲み」「グルメフェス」「クラフトビール(地ビール)」…みなさんの印象には何が残っていますか?

このほど、グルメサイト「食べログ」の会員約1万人を対象に行なわれた、2015年の外食シーンで話題となったメニューやトレンドに関するWebアンケート調査の結果が発表されました。話題となったキーワードの“注目度”をまとめたランキングから、1年を振り返ってみようと思います。

2015年の“外食トレンド”は?そして2016年に盛り上がりそうなトレンドは? 食べログ会員のみなさんが注目したのはコレだ!

【1位】「熟成肉ブーム」--“肉ブーム”はまだまだ続く!

まだまだ人気の「熟成肉」がダントツ1位(写真:BIANCA)
まだまだ人気の「熟成肉」がダントツ1位(写真:BIANCA)

「2015年に気になったもの」を複数回答でたずねた“注目度”では、「熟成肉ブーム」がダントツでトップ。2年連続で1位となりました。

熟成は「エイジング」ともいい、いわば「ねかせる」こと。牛の種類や部位、状態を見極め、それぞれに適した方法で熟成させることで、旨みを引き出します。

“肉ブーム”もあってか、「熟成肉(エイジングビーフ)」は昨年あたりから大きな話題となり、今年も続々と新店がオープン。大手ファミレスや牛丼チェーンでも提供されるようになりました。

「今後体験してみたいもの」でも1位。自由回答にも「肉バル」「肉フェス」「肉専門店」など肉に関するものが多くみられたのだとか。2016年も“肉ブーム”は続きそうです。

【2位】「グルメフェス」--ユニークなテーマが続々

グルメフェス行った?(写真:肉フェス)
グルメフェス行った?(写真:肉フェス)

2014年に初めて開催された「Food Nations~肉フェス~」。今年は開催回数が大きく増え、全国各地で多くの人を集めました。こういったグルメに特化したイベント「グルメフェス」が、初登場にして堂々の注目度2位にランクイン。

今年開催されたものを見てみると、ご当地鍋、ラーメン、激辛料理、ニンニク料理などと、テーマが多岐にわたっています。ワインや日本酒など、お酒を飲み比べできるイベントも多数開催されました。

いくつものグルメを1か所で楽しめるのは大きな魅力。東京をはじめ関東近郊での開催が多いものの、全国的に増加傾向にあるそうなので、今後は他地域での開催も増えるのでは。おなかを空かせて挑んでください!

【3位】「立ち食い店ブーム」--新ジャンルの登場で注目

リーズナブルに楽しめるのがうれしい(写真:いきなり!ステーキ)
リーズナブルに楽しめるのがうれしい(写真:いきなり!ステーキ)

すしやそばといった「立ち食い」のイメージは、『俺の』系列店(2014年のランキングで注目度No.1)の登場で大きく変わりました。

今年は、炭焼きステーキに立ったままかぶりつく「いきなり!ステーキ」の店舗数が大きく増加したほか、焼肉など幅広い料理を楽しめるようになりました。“立ち食い”そのものが話題となった結果、注目度3位にランクインしたようです。

【番外】じわじわ浸透中の「日本酒ブーム」

料理とあわせる楽しみも(写真:KURAND SAKE MARKET)
料理とあわせる楽しみも(写真:KURAND SAKE MARKET)

「2015年に最も気になったもの」を問う設問では、熟成肉ブームに次いで2位に「日本酒ブーム」が選ばれました。

“若者の酒離れ”が進んでいるといわれるなか、新たに登場した微発泡や低アルコールタイプなどの日本酒が若者の心をつかんだもよう。また女性限定の日本酒イベントがいくつも初開催され日本酒飲み放題の店も話題に。

2015年は日本酒の楽しみ方が大きく変わった1年といえるかもしれません。