“はみ出す”っていいですよね。本来枠に収まるべき何かが、想定より大きかったり多かったりしてはみ出てしまう。その分、トクしたような気分にさせてくれます。

“はみ出す”って、いいよね
“はみ出す”って、いいよね

そんな気持ちに揺さぶりをかけてくる商品を、このたびコンビニで発見。セブン-イレブン「はみでたチキン」とローソン「はみでるバーガー」です。今回はこれらがどれだけはみ出しているのか、確認していきたいと思います。

■セブン はみでたチキン うま塩ペッパー 298円(税込)

塩とブラックペッパーで味付けたローストチキンと、ピクルス、マヨネーズ、からしを使ったソースをバンズでサンドした商品。名前に「はみでた」という過去形を使い、揺るぎない“はみ出し”をアピール。

はみでたチキン うま塩ペッパー
はみでたチキン うま塩ペッパー

あちらにもこちらにも飛び出たチキン。思わずニンマリしてしまいそうな、いいはみ出し具合です。厚みもかなりあります。

あっちにもこっちにも
あっちにもこっちにも
 
失礼して上のバンズを取ってみたところ…

ぱかり
ぱかり

バンズ上に一部、チキンの行きわたってないスペースを発見してしまいました。似たような事案に以前、コンビニのフルーツサンドでも遭遇したような…。

とはいえ、はみ出た部分で十分に補える程度。バンズだけ残ってしまわないよう、バランスに気をつけて食べれば問題ないので目をつぶります。

バンズに迫る厚みのチキンに免じる
バンズに迫る厚みのチキンに免じる

「温めてお召し上がりください」との表示に従って電子レンジで加熱。ひと口かじると、やわらかくも肉厚なチキンから肉汁がじゅわり。それを抱きとめる、ふわふわのバンズ。良い連携です。そこにピクルスマヨネーズのまろやかな酸味が加わり、シンプルながら過不足のないチキンバーガーとなっています。ペッパーはそんなに感じないかも。

温めると肉汁がスゴイ
温めると肉汁がスゴイ

■ローソン はみでるバーガー グラタンコロッケ 135円(税込)

バンズ型の揚げパンに、グラタンコロッケとマヨネーズタイプのドレッシングがサンドされています。こちらは「はみでる」という臨場感のある表現。またシリーズ品として「はみでるバーガー メンチカツ」も販売されています。

はみでるバーガー グラタンコロッケ
はみでるバーガー グラタンコロッケ

グラタンコロッケがバンズから盛大にはみ出しており、

にゅっとはみ出るグラタンコロッケ
にゅっとはみ出るグラタンコロッケ

上から見ると、はみ出た部分が三日月のようです。

はみ出たコロッケが三日月みたい
はみ出たコロッケが三日月みたい

先ほど同様、上側のパンをはがし、サイズを見比べると…

ぱかり
ぱかり

明らかにコロッケの方が大きい。どう配置しても、このパンでコロッケを覆うこと不可能でしょう。サンドされる前から、はみ出すことが宿命づけられたコロッケ。

とくに加熱等の指示はありませんが、こちらも電子レンジで加熱。するとグラタンコロッケがとろ~りクリーミーに!これ絶対温めた方がおいしい。ビッグサイズに加え、ぷりんとした食感のマカロニ入りで、ボリュームもたっぷりです。

温めるとグラタンコロッケがとろ~り
温めるとグラタンコロッケがとろ~り

揚げパンからは、しっとりじゅんわり油分のコク。ドレッシングのマヨネーズ&ソースによる濃いめの味付けも相まって、どこか懐かしいような味わいが楽しめました。

■“はみ出し”バトル勝者は?

内容も値段も異なるので、一様にどちらが良い・悪いとは言えませんが、今回はセブン「はみでたチキン」に軍配を上げたいと思います。理由は、パッケージから取り出した時の「うほっ!はみ出てるはみ出てる~!」という興奮が、こちらの方が大きかったから。一方のローソン「はみでるバーガー」は安くてボリューム大とコスパが抜群。デイリーに“はみ出し”を味わいたい人にオススメと言えます。