雪印メグミルクのロングセラー乳酸菌飲料『カツゲン』シリーズから、「あのころのカツゲン」が北海道限定で発売される。コンビニでは2016年1月19日から、そのほかの量販店や一般小売店では1月26日から販売。200ml入り、想定価格は93円(税別)。

懐かしい味、するかな?
懐かしい味、するかな?

これは、カツゲンが誕生した昭和31年(1956年)当時の“瓶入りカツゲン”の味わいをイメージした、濃い味仕立てのフレーバー。昭和時代の瓶入りカツゲンを飲んだことのある人は懐かしさを、紙パック入りのソフトカツゲンしか飲んだことがない人は、濃いカツゲンへの期待感と新しさを感じられるような仕上がりだとか。

本物の“あのころの”カツゲン
本物の“あのころの”カツゲン

また、「消費税がなかった昭和のころのように」ワンコイン(100円)で購入できる価格設定を目指したとのこと(ただし価格は取扱店により異なる場合がある)。

だそうですよ!
だそうですよ!

 
※1月25日編集部追記:「あのころのカツゲン」は、先行販売中のコンビニでの売れ行きが当初の予測を大きく超える状況となっていることから、1月26日より予定されていた量販店・小売店での一般発売が延期される旨、雪印メグミルクより連絡を受けました。供給体制が整い次第、改めて案内があるとのこと。