2015年も残すところあと7時間となりました。今年もありとあらゆる食べ物が話題に上りましたが、中でもコンビニドーナツをはじめとするさまざまな“コンビニスイーツ”の活躍が目立っていたように思います。

そこで今回は、えん食べ編集部が選ぶ「2015年コンビニスイーツ TOP10」をお届け!スタッフが実際に食べてみた商品の中から特においしかった上位10アイテムを厳選しました。コンビニスイーツとともに、今年を振り返りましょう。

■10位:セブン-イレブン 「塩バニラ&キャラメルソース」(224円/税込、以下同じ)


塩バニラアイスに、塩キャラメルソースとくるみをトッピングしたアイス。とろっとろのキャラメルソースが濃厚で、塩バニラアイスもこれに負けない存在感を放っていました。お値段も味もまさに“プレミアム”な一品。さくさく歯ごたえのくるみが大粒な上にごろごろのっていて食べごたえもありました。

■9位:ファミリーマート 「北海道産かぼちゃのケーキ」(248円)


ムースのように、しっとりとした口どけのかぼちゃケーキ。秋深まる10月に発売されたものです。かぼちゃそのものを食べているかのような濃厚さながら、甘さはひかえめ。「そうだ、かぼちゃは野菜だった」と思い出させてくれる味わいでした。かぼちゃ好きも納得のおいしさ!

■8位:ミニストップ 「カフェラテソフト」(220円)


ミニストップ初となる“カフェラテ”フレーバーのソフトクリーム。過去に販売されたことのある「珈琲ソフト」はしっかりビターで男性向けの味だったのに対し、今年発売されたカフェラテソフトは程よい甘さとミルクのコクがプラスされていました。それでいてコーヒーの香ばしさや苦みが想像以上にちゃんとあったのが好印象。堂々のTOP10入りです。

■7位:ローソン 「ハニーチーズタルト」(294円)


発売前から期待の声が多かったローソン限定のハーゲンダッツ。チーズアイスとハニー(はちみつ)アイスが混ざり合ったおいしさは、その期待を裏切らないものでした。“タルト生地”の役割を担うグラハムクッキーもサクサク香ばしくて、全部をほお張ると口の中で上質なハニータルトの味わいが完成されます。

■6位:ローソン 「プレミアムロールケーキアイス」(195円)


ローソンの40周年記念商品として発売されたもの。看板スイーツ「プレミアムロールケーキ」のクリーム部分がバニラアイスになっています。ぷっくりドーム型のアイスは濃厚で、しっとりふわふわのスポンジ生地とも相性ばつぐん!味も食感もプレミアムロールケーキにかなり近く、底までぎっちりアイスが詰まってボリューム満点なのですがペロリと完食できるおいしさでした。

■5位:セブン-イレブン 「濃厚くちどけのガトーショコラ」(267円)


昨年(2014年)から販売されていた商品。ねっとり舌に絡まるような食感と、しばらく口の中に残るあと味で、まさにお手本のような「濃厚感」が楽しめました!一方で、抹茶味はやや甘さひかえめ。冷やして食べると抹茶の味がさらに際立って感じられました。このおいしさで4切れ入って税込267円、つまり1切れ70円以下というコスパのよさも順位を上げた理由のひとつです。

■4位:ローソン 「メロンパンみたいなシュークリーム」(150円)


シュー生地に、メロンパンの皮に見立てたクッキー生地をかぶせたユニークなシュークリーム。中にはとろっとろのカスタードホイップクリームがたっぷり入っていて、サクサクのクッキー生地との極上のハーモニーが楽しめました。メロンパンもシュークリームも大好きな人間としてはたまらない、いいとこどりのスイーツ。半年に1回くらい、この世のシュークリームの皮がすべてサクサクのメロンパン生地になっちゃう呪いをかけられてもいいとすら思いました。

■3位:セブン-イレブン 「ジャポネ 和栗あずき」(383円)


おなじみ、セブン限定“和のハーゲンダッツ”シリーズから、10月に発売された「和栗」のフレーバー。栗とあずきって和素材ファンからすれば鉄板の組み合わせなのですが、これも例にもれず激ウマでした。ペーストのように濃厚な栗のソース、コクのある和栗アイス、ほっくり甘いこしあんソースとあずき粒、そしてまろやかなミルクアイスが贅沢な四重奏を奏でます。

■2位:ローソン 「ハワイアンドーナツ 生キャラメル」(120円)


少し前に食べたハワイアンドーナツの新フレーバー。ふわふわの香ばしい生地にかぶりつくと、中から苦くて甘い生キャラメルクリームがとろ~り。驚くほどやわらかな口どけと、コクがあるのに甘すぎないクリームが絶妙でした。レンチンするとさらにふわふわとろ~りの食感が楽しめます。コンビニドーナツもここまで来たか。

■1位:セブン-イレブン 「しろもこ」(140円)


悲しいかな、今は終売となってしまったしろもこ。千葉県内の一部エリアでのみ販売されていた“シュークリーム風”のスイーツです。しゅわっとした口どけとモチモチ食感をあわせ持つ生地、その中にたっぷり詰まったとろとろのバニラクリーム。千葉県産の牛乳が使われているというクリームは、素朴な甘さとまろやかなコクが存分に生きていて「ここ最近食べたコンビニスイーツの中で一番おいしい」と率直に思いました!

ぜひ再販されて欲しい…!
ぜひ再販されて欲しい…!

いかがでしたか?図らずも上位はセブンとローソンの攻防戦になりましたが、みなさんが食べたスイーツはどこかにランクインしていましたでしょうか。コンビニスイーツは入れ替わりも激しく、TOP10のうちほとんどが現在は手に入らないものたちなのですが、「気になっていたけど食べ逃した!」というスイーツのおいしさを少しでも伝えられていれば嬉しく思います。

なお、今回のランキングは実食した記者の意見をまとめ、編集部の独断と偏見で決定したものですのであしからず。