鳥取県にある喫茶店「すなば珈琲」が東京に初めて登場。12月17日から12月20日まで、東京都新宿区に期間限定店舗がオープンする。

がけっぷち、なんです
がけっぷち、なんです

すなば珈琲は、2014年4月、全国で唯一スターバックスコーヒーが無かった鳥取県にオープンした喫茶店。店名は、前年、隣の島根県に初めてスタバがオープンした際に鳥取県の平井知事が「スタバはないけど日本一の“すなば(砂場)”はある」と発言したことに由来するとか。

2014年のゴールデンウィークに撮影したもの
2014年のゴールデンウィークに撮影したもの

その後5月には、鳥取県にもスタバがオープン。すなば珈琲では“大ピンチキャンペーン”が行なわれていたそう。

そんな“がけっぷち”状態を逆手に取って、同じく“がけっぷち”の森永製菓のアーモンド菓子「JACK」と共同でオープンするのが、今回の期間限定店舗。東京限定メニューとして、キャラメルマキアートにJACKがトッピングされた「JACKアーモンドキャラメル崖っぷちーノ」(500円)や、JACKとサイフォン式ブレンドコーヒーのセット(450円)、「JACKとすなばのパンケーキmini」(500円)が提供される。

ほか、通常すなば珈琲店舗で提供されている水だしアイスコーヒー(400円)やココア(400円)、人気メニュー「もさ海老ホットサンド」(650円)、「てりやきチキンホットサンド」(500円)といった食事メニューも用意されるとのこと。いずれも、テイクアウト可能(パンケーキをのぞく)。

なお、期間中、“お近くのアメリカ系コーヒーショップのレシートを持参”するとJACKとブレンドコーヒーのセットが半額になる、またこのセットが“アメリカ系コーヒーショップよりまずかった”と言った人からはセット分の代金をとらない、といった“秘策”も実施されるそうだ。

店舗の住所は、東京都新宿区左門町1-17 アパルトマン四谷1階。営業時間は、平日が8時~19時、19日が7時~18時、20日が7時~19時。ラストオーダーはいずれも閉店30分前。