鴨料理と日本酒が味わえる食堂酒場「庄吉 SHO-KICHI(しょうきち)」が12月1日、東京・吉祥寺にオープンした。

鴨しゃぶ鍋に使われる国産合鴨
鴨しゃぶ鍋に使われる国産合鴨

同店では、京都などの農場で飼育された国産合鴨を使った料理を提供。昼は「鴨そば」、夜は「鴨しゃぶ鍋」が看板メニューだ。

鴨そばは、喉ごしのよい「細麺」と、食べごたえのある「平打ち麺」から選べる。だしの効いたスープと合わせ、脂がのった鴨肉と、こんがり焼いたねぎがトッピングされている。価格は1,200円(税別、以下同じ)。

名物!鴨そば(写真は平打ち麺)
名物!鴨そば(写真は平打ち麺)

あわせて「鴨カレー南蛮そば」や「せいろそば」、新しいスタイルで蕎麦を楽しむ「すだちぶっかけそば」や「ごま担々ぶっかけそば」なども用意されている。

一方、鴨しゃぶ鍋は、柔らかな口あたりの鴨肉を昆布でひいた“京だし”にくぐらせて味わうメニュー。とろけるような鴨肉の、濃厚でコクのある旨みがストレートに味わえるとか。価格は1人前2,200円。

シャキシャキの白髪ねぎとともに
シャキシャキの白髪ねぎとともに

店舗所在地は、東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-11 NSビルB1階。営業時間は、平日ランチ11時30分~14時30分、ディナー17時~23時。土日祝11時30分~23時。