抹茶の“苦み”が好きだという人にオススメしたい抹茶バウムクーヘンがあります。静岡のお茶屋さんが展開しているお店「雅正庵(がしょうあん)」から販売されている「CHIYOの和(ちよのわ)」(税込1,260円)。えん食べ編集部の抹茶好きの間でも「これはおいしい」と話題です。

見よ、この美しい年輪を
見よ、この美しい年輪を

「職人が一層一層、丁寧に焼き上げた」というCHIYOの和。千代に(いつまでも)愛されるお店になりたい、という願いを込めて作られたバウムクーヘンなのだとか。静岡・清水養鶏場の“うみたて”卵「美黄卵」と、老舗茶問屋・小柳津清一商店の静岡抹茶が使われているそう。ちなみに着色料・合成保存料は不使用。

素材から製法までこだわり抜かれた抹茶バウムクーヘン
素材から製法までこだわり抜かれた抹茶バウムクーヘン

几帳面に重ねられた、一糸乱れぬグリーンの“年輪”。外側はフォンダン(砂糖がけ)でコーティングされています。1ホールの直径はおよそ13.5センチ。

ナイフを入れると、下までストンと刃が落ちるしっとり感。断面からは早くも抹茶の上品な香りが漂ってきます。

断面も美しい
断面も美しい

ほお張ると、ふわっと柔らかな口あたり。きっちり重ねられた層は噛むとホロホロっとほどけ、一層一層に閉じ込められていた抹茶の旨みが解き放たれます。生地は舌の上でしっとり溶けるんですが、これがまるでガトーショコラのように濃厚な口どけなのです!

そしてコクのあるバターの風味とともに口いっぱいに広がるのは、抹茶のふくよかな旨みと、媚びないキレのある苦み。このしっかりとした苦みをフォンダンの甘さがさらに引き立てます。シャクシャクとした食感もアクセントになってまた良し。

抹茶の香りがとにかく口いっぱいに広がるんです
抹茶の香りがとにかく口いっぱいに広がるんです

CHIYOの和は、雅正庵の公式オンラインショップや楽天市場などで販売されています。抹茶好きの方はもちろん、クリームたっぷりの生菓子よりも焼き菓子のほうが好きという方。今年のクリスマスはケーキの代わりに抹茶バウムで楽しむというのもアリかもしれませんよ!