久しぶりに実家でお母さんの手料理「おふくろの味」を食べて、やっぱり実家が一番だよなー!なんて経験は誰にでも一度はあるのでは?筆者も母の作るハンバーグは大好きなのですが、多くの人のそんな「おふくろの味」への思いを探るべくイーライフは「おふくろの味に関するアンケート」を実施。その結果を発表しました。

やっぱり多くの人には「おふくろの味」があるようで、「おふくろの味」と聞いて思い起こす料理がある人は全体の83.1%に達しました。

「おふくろの味」があるか?

「おふくろの味」があるか?

でも、「おふくろの味」を教えてもらっている人となると、67.3%とだいぶ少なくなります。

「おふくろの味」を教えてもらったか? 

「おふくろの味」を教えてもらったか? 

おふくろの味を教えてもらった人の割合は、男性だと36.6%に留まるのに対し、女性では72.0%!母から娘への「おふくろの味」継承の黄金ルートは今なお健在のようですね!

思い起こす具体的な料理名も気になるところ…。自由記述回答の結果、「煮物」「味噌汁」「卵焼き」など和食が上位を占めました。さらに、予想通り「肉じゃが」が11%の支持を得て見事1位に輝いたそう。やはりキング・オブ・おふくろの味、さすがでしたね。洋食勢の中で奮闘したのが、「カレー」や「コロッケ」「ハンバーグ」。家庭でお馴染みのメニューばかりで納得の結果。

気になる「おふくろの味」ランキング結果!

気になる「おふくろの味」ランキング結果!

次世代へ「おふくろの味」を伝えたいと思っているかどうか質問に対しては、約半数が伝えたいという意向を持っているとのこと。特に既婚者や子持ちの回答者にその傾向が強く表れました。

うーん、このアンケートを見ていたら久々に母のハンバーグが食べたくなってきました。これを機会に「おふくろの味」をしっかりと親から引き継いでみてはどうでしょうか?