「自然の奇跡」とまで呼ばれる人参をご存知でしょうか。野菜とは思えないほどにフルーティーな甘さを持つ、ふかうら雪人参のことだそうです。青森県深浦町の世界遺産・白神山地の麓に広がる土づくりからこだわった畑で育まれ、12月~3月に雪の下から一本一本、手作業で収穫されています。

深い雪の下で育まれた人参は、寒さから身を守ろうと懸命に糖分を蓄えるため、生で食べてもとても甘く、フルーツのようなおいしさなんだそう。そんな稀少なふかうら雪人参を贅沢に使った「ふかうら雪人参ポタージュ」が発売されています。

“自然の奇跡”ふかうら雪人参を使ったヘルシーなスープが発売

“自然の奇跡”ふかうら雪人参を使ったヘルシーなスープが発売

写真からもわかるように、ピンクがかったオレンジがとても鮮やか。内容量の60%を占める「ふかうら雪人参」そのものの自然な色で、着色料は一切使っていないとのこと。抗酸化作用の高いカロテンや健康維持に効果の高いビタミンなどの栄養が豊富で、フルーツのように甘く飲みやすいスープなんだそう。

また、栄養豊富なのに低カロリーで、化学調味料無添加。冷やしてレモンを少し加えたり、温めて食べる時に少し牛乳や生クリームを加えたり、アレンジも楽しめるそうですよ。パンケーキの生地に混ぜるのもオススメなんだとか。

どうしても人参が苦手…という方もこれなら食べられる…かな? でも、奇跡とまで呼ばれる人参ですもんね…どれだけ甘いのか試してみたい気もします。人参嫌いを克服する救世主となれるのでしょうか、ちょっと期待です。