年末の大掃除でビックリする場所といえば、冷蔵庫ですよね。「これ、いつ買ったんだっけ…」という賞味期限切れの化石のような(比喩です、比喩)食べ物が掘り起こされ、家族中でひと悶着。何を買ったか把握してれば問題ないのですが、入れ替わりが激しすぎて常にすべてチェックというのは難しいんですよねえ…。

そんな「しまった!」を防ぐべく、BIGLOBE は冷蔵庫の中の食材を登録し、買い忘れや買いすぎ、消費期限切れなどを防ぐ Android 向けアプリ「冷蔵庫チェッカー DX」の販売をはじめました。

冷蔵庫の中にある一番古いものは、いつ買ったもの?―BIGLOBE 調査

冷蔵庫の中にある一番古いものは、いつ買ったもの?―BIGLOBE 調査

無料版にはなかった、食材リスト外のものを追加できる機能や、生鮮食品だけではなく非常食・乾燥食材などの賞味期限を管理する機能なども搭載され、これは便利そう。入力をがんばって、無駄食材をなくしたいですね。

ところで、このアプリのリリースに関連し、BIGLOBE の美容・ライフスタイル情報サイト「Kirei Style」にて食材の消費期限に関するアンケートが実施されたとのこと。

「家にある食料品の消費期限を意識していますか?」という質問では意識していると答えた人が82%に上っており、関心の高さが伺えます。しかし、「現在、消費期限が切れた、もしくは傷んだ食料品が冷蔵庫に入っていますか?」という質問では、入っていると答えた人が34%、入っているかもしれないと答えた人が42%にもなり、入っていないと答えた人はわずか24%でした。なかなかね…言うは易く行うは難しですからね…。

また、「消費期限が切れた納豆。何日までなら食べますか?」という質問に対しては、1~2日後までが34%、3~6日後までが35%、1週間以上と答えたツワモノが18%となりました。食べないと答えたのはたったの13%。まあ、納豆は発酵食品だしちょっとくらい発酵進んでも大丈夫だろう!と考えちゃいますが、くれぐれもお腹をこわさないようにしてくださいね。

最後にこちら、「これまで冷蔵庫の中で発見した一番古いものはいつ頃購入したものですか?」という質問では衝撃の答えが! 半年未満と答えた44%、おぼえていないと答えた9%以外の答えを見てみましょう。

まずは、半年以上、1年未満が16%。まあ、許容範囲ですかね…うん…。続いて、1年以上、3年未満と答えた人は24%。1年未満より多いってどういうこと。いやあこれはなかなかですが、まあ食材にもよりますよね。これ生ものだったら大変なことになってますからね。さあ、そして最後はなんと3年以上、こちらと答えた人が7%! ひええええええええ。これこそ本物の化石ってヤツです。見つけた時の驚きは半端ないでしょうね…思わず悲鳴を上げちゃいますよね…。

という訳で、賞味期限にまつわるあれこれでした。恐ろしや。年末の大掃除で恐怖におののくことがないよう、しっかり管理したいですね。