アイスクリームコーンは、米国史上もっとも「エコ」な発明の1つとされているそうです。アイスクリームを入れる容器としての使命を終えた後は、コーン自体もおいしくいただけてしまう、というのがその理由です。

でも、このアイスクリームコーンに潜むある重大な欠点を見抜き、それを補完する新たな容器を発明した人が登場しました。発明家 Richard B. Hartman さんがその人です。
 
Hartman さんが作ったのは、モーターの力でアイスクリームをぐるぐるまわすアイスクリームコーン「Motorized Ice Cream Cone」。「コーン」という名前が付いてますが、本体はプラスティック製だし、使用時には乾電池も必要で、エコからはかけ離れた代物になってしまってます。もちろん、食べられません。
 
Hartman さんの発明した「Motorized Ice Cream Cone」
Hartman さんの発明した「Motorized Ice Cream Cone」
 
では、なぜ Hartman さんはこんな発明をしでかしてしまったのでしょうか?Hartman さんの特許出願書類(Patent# 5971829)の内容をざっくりと要約すると、次のようになります。
 
「アイスクリームコーンでアイスクリームを食べていると、反対側の部分が溶けて流れ落ちてしまう。溶けたアイスクリームで指や服を汚さないようにするには、コーンを常に回転させ、アイスクリームの様々な面を舐め続けなければならない。
 
Motorized Ice Cream Cone は、この面倒な作業から我々を解放してくれる。スイッチを入れるだけでアイスクリームが自動的に回転するので、人の手でアイスクリームを回す必要はもうない」
 
Hartman さんによる特許出願書類の一部  大真面目です
Hartman さんによる特許出願書類の一部
大真面目です
 
うーん、気持ちはわからないでもない……。でも、その情熱、もっとましなものに向けるわけにはいかなかったのでしょうか?
 
それはともかく、Hartman さんが高い志を持って発明したこの商品は、全米のおばか商品を販売する Stupid.com や Amazon.com などで買うことができます。
 
「Motorized Ice Cream Cone」利用イメージ
「Motorized Ice Cream Cone」利用イメージ