“スメらない”コミュニケーションという単語を、ご存知でしょうか。どうやら、舌ケアや口臭ケアを意識することで、嫌な臭いで相手を不快にさせないという意味だそうです。完全に初耳です。

そんな口臭ケアについて、江崎グリコが20~50代の男女のビジネスパーソン計824名を対象に調査を行い、その結果を発表しました。

社会人の94%が「口臭」を気にしている!―“スメらない”コミュニケーションとは?

社会人の94%が「口臭」を気にしている!―“スメらない”コミュニケーションとは?

調査により、20~50代の男女ビジネスパーソンの実に94%が自分の口臭を気にしていることが判明。特に2~3年前に比べて勤務中に口臭を気にするようになったという意見が多く、最近では会社内の口臭ケアも不可欠と言えそうです。

目を背けずに受け入れましょう、これが現実です

目を背けずに受け入れましょう、これが現実です

さらに、相手の口臭が原因で仕事に支障をきたした経験がある人が半数にもおよび、口臭が原因で「取引をやめた」や「転職した」など、口臭に端を発する会社内のシビアな現実が浮き彫りとなりました。なんと女性の2人に1人以上が、口臭が原因でビジネス上の付き合い方が変わったとも回答しています。…マジですか。

自覚がないって恐ろしい

自覚がないって恐ろしい

一方で、口臭が原因で相手に嫌がられたことがある人は17%にとどまり、他人の口臭は気になるが自分の「自覚症状」がなく、気付かないうちに嫌がられている人もいる可能性があることがわかりました。怖いですね。

そんな中、舌ケアや口臭ケアを意識することで、嫌な臭いで相手を不快にさせない“スメらない”コミュニケーションを行う人が現れています。仕事ができる人の印象としてはダントツで「無臭」という意見が集まっており、“スメらない”ことで円滑に商談を進める「できるビジネスパーソン」像が明らかとなりました。

いまの時代は舌ケア必須?

いまの時代は舌ケア必須?

特に口臭の原因のひとつでもある「舌苔」を取り除く「舌ケア」を行っている人は3割にのぼり、7割以上が舌ケア商品を勤務中に取り入れていきたいと考えていることが明らかになりました。

なかなかシビアな現実が浮き彫りになってしまいましたね…。自分は大丈夫と思っていても、実はそうじゃないのかも?ちょっとしたタブレットを口に入れるだけでも変わると思うので、これを読んでドキッとしたあなた、今日から“スメらない”人になりましょう!