最近話題の、「50℃ 洗い」。ああ、あれね。ほら、えーっと。…50℃ で洗うやつ。

正直、聞いたことはあってもどういう効果があるのかは、あいまいですよね。似たようなのもたくさんありますし。

50℃ 洗いとは、50℃ のお湯で洗うと、食材の鮮度がよみがえったりうまみがアップするというもの。食感がアップするためよく噛み、少量でも満腹感が得られるようになるほか、素材のうまみがアップするので調味料を減らせて薄味になる効果もあるそうですよ。

そんな50℃ 洗いに続く「70℃ 蒸し」「50℃ づけ」なる温度調理法があるそうです。食材は100℃ 以下の低温で蒸すと、食材の栄養分やうまみの流出が抑えられたり、増えることも。それでいてアクなどの余分な成分は取り除けて、食材本来の美味しさが際立つそう。この100℃ 以下での低温蒸しを、70℃蒸しというそうです。

50℃ づけは、「50℃ 洗い」を発展させ、じっくりと50℃ のお湯につけることで、食材の酵素の活性をうながして熟成を進ませることでより美味しくさせる方法のこと。

話題の「50℃ 洗い」「70℃ 蒸し」などの温度調理法を網羅した一冊が発売!

話題の「50℃ 洗い」「70℃ 蒸し」などの温度調理法を網羅した一冊が発売!

主婦の友社から発売中の『決定版「50℃ 洗い」と「70℃ 蒸し」』には、食材ごとに適した温度や時間、活用レシピも掲載しているので、買った当日から素敵な蒸し野菜ライフが満喫できますね!ビバ蒸し野菜!

書籍『決定版「50℃ 洗い」と「70℃蒸し」―食べて健康になる』の紹介ビデオ