紅茶に詳しい人って、なんだかオシャレに見えますよね。好きなメーカーはもちろん、茶葉、産地、こだわりだしたらキリがない、恐るべし、紅茶の世界。

紅茶の中での“世界三大紅茶”のひとつに数えられ、紅茶のシャンパンとの二つ名を付けられているのが、ダージリン。名前はよく聞く茶葉ですが、これも奥が深~い紅茶なのです。等級はもちろんのこと、収穫期によっても分けられ、特に人気があるのが夏摘みのセカンドフラッシュだそう。

紅茶専門店プリミアスティーが2012年のダージリンセカンドフラッシュを発売開始!

紅茶専門店プリミアスティーが2012年のダージリンセカンドフラッシュを発売開始!

ホット向け、アイス向けも茶葉によって異なるそうですよ

そんなダージリンの2012年セカンドフラッシュを、紅茶専門店のプリミアスティーが発売開始しました。今回のテーマは「甘みと渋みの絶妙なバランス」と「爽快かつ華やかな香り」。このテーマに沿って発売するのが、「リシーハット茶園DJ-160 チャイナクローナル」と「ピュッタボン茶園DJ-218 チャイナマスカテル」の2種類。

葉っぱにもいろいろあるのです

残暑にピッタリの花びらのようにふわりと軽やか、そして華やかな香りのチャイナクローナルと、一口ごとに広がる上品で心地良い渋みと豊かで芳醇な甘みを併せ持つチャイナマスカテル。うーん、文字だけでは想像が及びませんが、飲めば紳士淑女の仲間入り…できるかなあ。