「念のため、コロッケを16個買ってきました。もう3個食べてしまいました。」

これは2001年の2ちゃんねる台風実況スレの書き込みだ。この書き込みを機に「コロッケを食べたい」という声が続出し、すっかり定着した「台風の日にはコロッケ」という“文化”。しかし、本当にコロッケは台風の日に多く食べられているのだろうか。

そこで、グルメ情報サイト「ぐるなび」は、2013年8月から10月のぐるなび検索キーワード「コロッケ」の検索数と、同期間中の Google での「台風」の検索数および実際の台風の発生時期を比較したものを、インフォグラフィック記事「台風とコロッケの怪しい関係?」として公開した。

台風が直撃したときにコロッケの検索数が伸びているようにも見える
台風が直撃したときにコロッケの検索数が伸びているようにも見える

また、実際に沖縄にある台風食「ヒラヤーチー」の紹介や、カロリーから計算した1日に食べるべきコロッケの数、台風による体調不良の改善に効果的な食べ物なども紹介している。

インフォグラフィックスのグラフを見る限り、台風とコロッケには若干関係があると言えそうだ。同記事は、「安全には十分注意して、コロッケを頬張りましょう。」という言葉で結んでいる。