コーヒーの好みは人によって様々。酸味の強いのが好きという人もいれば、まろやかな味のものを好む人もいるだろう。だが、中には、とにかくカフェインが強くなきゃだめという人もいるようだ。

米国ニューヨークにある Death Wish Coffee (自殺願望コーヒー) はそんな人のためのコーヒーショップ。通常の200%のカフェイン含有量を誇る「Death Wish Coffee」を販売している。価格は1ポンドのパッケージが19.99ドルで、5ポンドパッケージが80ドル。同社のオンライン通販サイトから購入可能だ。
 
「Death Wish Coffee」1ポンドパッケージ
 
 Death Wish Coffee は、フェアトレードを順守し、熱帯林の木陰で生態系を維持しながら有機栽培されたコーヒーを販売することを第一の使命としている企業。だけど、どういうわけかカフェイン含有量が世界一高いコーヒーを販売することにも燃えていて、普通のコーヒーショップでは絶対販売されていない、きっついコーヒー豆が購入可能となっている。
 
そんな同社のキャッチコピーは、次の通りだ。
 
「社会的な責任を果たしながら、責任を持てないほどカフェイン含有量の高いコーヒーを販売する企業です。コーヒーの購入は自己責任で」
 
 Death Wish Coffee ロゴ
 
ロゴはおどろおどろしいけど、同コーヒーショップには根強いファンも多い。深夜勤務が常態化している方の眠気覚ましにはお勧め! ただし、飲用は自己責任でお願いします。