世界中を転々としたあげく、去年日本に定住を始めたフランス人にこんな質問をぶつけてみた。

「世界中、どこでも住めるとしたら、どこに住みたい?」
 
やつの答えはこうだった。
 
ダイソー!ダイソーに住みたい!
 
……と、いうわけで今回は、そんなフランス人も大好きな100円ショップ「ダイソー」で販売されている、「レンジでラーメン『丼』いらず」をご紹介。これは、電子レンジでインスタントラーメンを作るための「調理器具」であり、かつ、できあがったラーメンを食べるための「」としても使えるという1台2役のすぐれものなんです。
 
でも、こんな疑問を持つ方も多いのではないでしょうか?「電子レンジで作ったインスタントラーメンなんて、うまいの?」
 
今日はこの疑問に応えるために、「電子レンジで作ったインスタントラーメン」と「鍋で作ったインスタントラーメン」を食べ比べてみます。
 
……え? そんなの試す前から結果が見えてるって?
そう思ったあなた、実にするどい……。
でも、まぁ、そう言わずにお付きいをお願いします。
 
■電子レンジでインスタントラーメンを作ってみる
手順は次の通りです。
 
1. まずは、「レンジでラーメン『丼』いらず」を用意
 
 
こいつが「レンジでラーメン『丼』いらず」です。見た目は結構立派で、これで105円とは思えません。
 
2. 説明書を読んでみる
 
説明書には、3か国語でラーメンの作り方が書いてあります。フランス人にも安心ですね。さて、この説明書には、なぜか、もやしを入れる場合には、先に入れるよう指示があります。と、いうわけなので。
 
3. もやしを入れる
 
 
ダイナミックに、どばっと入れてみました!
 
4. 麺を投入
 
 
こんどは、こそっと入れてみます。もやしの上に置くのがポイント!
 
5. レンジへ!
 
 
説明書に記載してある通り、600W で6分加熱します。結構、時間がかかりますね。
 
6. レンジから取り出す
 
6分経ちました!
 
7. スープを入れる
 
 
スープは、後で入れるよう指示があります。
 
8. もやしチェック!
 
 
野菜類がちゃんと調理できるのか、ちょっと心配だったのですが、大丈夫。ちゃんと煮えてます。
 
9. では食べてみましょう!
 
 
ずるずるずる、、と。
 
10. その、お味は?
 
……まったく、普通でした。
電子レンジだからまずいとか、うまいとか、そういうことは一切ありません。いつものまんま。そのまんまのラーメンの味です。
 
■鍋で作ったインスタントラーメンと比較してみる。
 
では、電子レンジで作ったラーメンと、鍋で作ったラーメンとを食べ比べてみましょう。食べ比べてみたら、何か違いがわかるかもしれません。
インスタントラーメンを鍋で作る方法については、省略させてもらいます(ご存じですよね?)。
 
鍋でもつくってみる そして食べてみる
 
食べ比べてみましたが、やはり味は同じでした。両方交互に食べみたんですが、味に違いはみとめられません。
 
マンガ『将太の寿司』の登場人物で、塩一粒の差異も見逃さぬという「絶対味覚」を持つ寿司職人、「佐治安人」氏であってもこの違いはわからないでしょう。
 
「同じだ!」
(C)寺沢大介
■結論
 
今回の実験の結果、「レンジでラーメン『丼』いらず」で作ったインスタントラーメンは、鍋で作ったものと同じ味がする」ということが判明した。
 
……あまりにも当たり前の結論でしたね。ごめんなさい!
 
さて、今回実験に使用したインスタントラーメンは、マルちゃん正麺 豚骨味。このラーメン、うな丼よりもうまいらしいですよ!
 
マルちゃん正麺 豚骨味
 
うそだと思ったら、食べてみてください!