男の子って、飛行機やガンダムなど総じて大きいものが好きですよね。逆に女の子は、繊細で小さなものに興味を抱くような気がします。お人形とか、ミニチュアのおもちゃとか。シルバニアファミリーなんかもそのひとつではないでしょうか。

ということで、ミニチュア好きの女子のココロをくすぐるアート作品をご紹介!お人形のために作られた「ミニチュアごはん」です。

わずか指先ほどの大きさ
わずか指先ほどの大きさ

ミニチュアごはんとは、ほんのコインほどの大きさのお皿に、息を吹きかけたら飛んでいってしまうほど小さく繊細な“パンケーキ”や“ローストチキン”がのせられたもの。ただし粘土でできているので、食べることはできません。あしからず。

本物と見まがうほど精巧なミニチュアごはん
本物と見まがうほど精巧なミニチュアごはん

米国メディア Foodbeast によると、ミニチュアごはんは針やチョーク、かみそりの刃などを使って仕上げられているそうで、ひとつ完成するまでに約3時間かかるのだとか。…え、たったの3時間!?

これは...!虹色パンケーキ...!?
これは...!虹色パンケーキ...!?

これらの作品をつくっているのは、米国ミネソタ州在住の Kim さん。彼女の作品は、通販サイト Etsy で販売中。それぞれ1,000~4,000円前後の価格帯で購入することができます。

また、彼女の個人ホームページではさらに多くのミニチュアごはんが展示されていますので、気になる方はぜひチェックを。筆者個人的には、ミディアムレアなローストビーフがめちゃくちゃそそられます。これ欲しい…!

シズりまくり...!
シズりまくり...!

思わずコレクションしたくなるミニチュアごはん。食べることはできませんが、目の保養にいかがですか?

あっ!
あっ!

※画像の出典はすべて Etsy 公式販売ページおよび 個人ホームページ