マクドナルドで、新商品「BLT モッツァレラ&バジル」(単品499円/税込)が7月9日に発売された。サンドイッチの定番「BLT(ベーコン+レタス+トマト)」と、トマトとバジル、モッツァレラチーズで作るサラダ「カプレーゼ」を組み合わせた、“夏にピッタリ”の商品だという。

ハンバーガーとは、何か
ハンバーガーとは、何か

包装紙は“縦型”。開けてみると、予想以上に大きな“サンドイッチ”が出てきた。商品写真よりもボリュームが少なくて落胆することは多いが、予想よりも大きくて驚くのは貴重な体験だ。バンズのふわふわ感も、ある程度維持されている。

トレーの短辺ほどの長さがある
トレーの短辺ほどの長さがある

見た目は合格?
見た目は合格?

 
上のバンズをめくると、大きなスライストマトが2枚。バンズの裏には、モッツァレラソースと思われる白いかたまりと、バジルソースらしき緑のものが見える。

トマトが大きい
トマトが大きい

さらに、トマトを横に避け、レタスをめくると、ベーコン2枚がサンドされていることを確認できた。小さめではあるが、しっかりグリルされている。

ベーコン2枚を確認
ベーコン2枚を確認

ちなみに、マックがトマトを使っているのは非常に珍しい。現在販売されているメニューの中では、同じく7月9日に発売された「クォーターパウンダー ハバネロトマト」「チキンフィレオ ハバネロトマト」だけだ。

さて、バラバラにした材料をもう一度サンドし直し、かぶりつく。シャキシャキ食感のレタス、サクッと歯ごたえのあるトマト(若いものだったらしい…)、そしてカリッとしたベーコンを噛むと、口の中に広がる味わいはまさに BLT “サンドイッチ”だ。

カプレーゼ部分のモッツァレラソースは、クリームチーズのように柔らかく、すっと溶ける。後味はバターのようにも感じられた。バジルソースとの相性もよい。

この2種のソースのおかげもあり、さっぱりとしていて食べやすい。ビーフパティやチキンパティのような油っぽさ、肉っぽさを避けたいときにはいいかもしれない。そもそも、そんな時はマックには行かないか。

食べながら、筆者は常に考えていた。“ハンバーガーとは何か”ということを。同商品は、マックよりもサンドイッチ店の店頭の方が似合うと思うのだ。いい意味でも悪い意味でもマックらしくないが、シンプルでおいしい商品だった。

マックらしくないが、おいしかった
マックらしくないが、おいしかった

なお大きめではあるが、レタスとトマトが中心なので、ボリュームはあまりない。ガッツリ感を求めるのならば、やはり同価格で食べられるクォーターパウンダーの方がいいだろう。