クラウドファンディングサービス Kickstarter には、たくさんの“ダイヤの原石”が眠っている。定期的に中を覗くと「これは...!」と心惹かれるものにふと出会ったりする。えん食べでもこれまでに、スクランブルゆでたまごが作れるアイテムや、11歳の少女が開発したこぼれないマグカップなど多くをご紹介してきた。

さて、今回 Kickstarter という名の採掘場で筆者のハートをがっちりと掴んだプロジェクトはほかでもない、ポテトサラダだ。

...もう1度言おう。ポテトサラダだ......!

しかもいたってノーマルなポテトサラダ  (出典:Kickstarter)
しかもいたってノーマルなポテトサラダ
(出典:Kickstarter)

このプロジェクトが発足したのは、米国オハイオ州。立案者の Zack Danger Brown 氏は、これまでの人生で1度もポテトサラダを作ったことがないそう。生まれて初めてポテトサラダを作るため、材料を買う資金繰りに Kickstarter で「ポテトサラダ」プロジェクトを立ち上げたようだ。

同サイト内では、どんな材料や調味料を使うのかも「初めてのことだからまだわからない」としている(じゃがいもは Kroger という最寄りのスーパーで買うとだけ説明されてあるが)。

じゃがいもを使うこと以外はふわっとしてる  (画像はイメージ)
じゃがいもを使うこと以外はふわっとしてる
(画像はイメージ)

やはりこのプロジェクトは目に止まりやすいようで、海外メディアでも多数報じられている。米国メディア Foodbeast によると、プロジェクト発足からわずか2日後には当初のゴールだった10ドルをゆうに超え、1,608ドルもの資金が寄せられたそうだ。

第1弾として定められた目標は、

35ドルで、ポテトサラダを4倍作る
75ドルで、ピザパーティー
100ドルで、2種類のポテサラレシピを作る

というものだったのだが、さすがにここまで支援金が集まってしまっては、本気で取り組まないわけにはいかない(もちろん、始めから本気なのだろうが...)。同氏はこの状況に若干の狼狽を見せながら(?)も、さらなるゴールとして以下のようなアップデート遍歴を残している。

・目標第2弾
250ドルで、“良いマヨネーズ”を使う
300ドルで、シェフからより良いレシピをもらう
350ドルで、もっともっとポテサラを作って、たぶん3つ目のレシピを作る

・目標第3弾
1,000ドルで、ポテサラを作っているところをライブストリーム
1,200ドルで、支援者への感謝のビデオを作る
3,000ドルで、パーティーホールを貸し切り、人々を招いてポテサラパーティーを開く

まだ残り20日以上あるというのに、2,000人以上の支援者が集まり、出資金はなんと2万ドル(!)を超えている。プロジェクト締め切り日までに、いったいどこまでサポーターが増えるのか。そして Brown 氏がこの先どんな新目標を設定し、どれほど大規模なポテサラパーティーが開かれるのか、気になるところだ。

7月8日午前9時40分時点(日本時間)  みんな応援してるぞ!
7月8日午前9時40分時点(日本時間)
みんな応援してるぞ!