日本初のソーダ専門店「SodaStream(ソーダストリーム)in BC426」が、8月1~17日の期間限定で、東京・表参道にオープンする。食文化のトレンド発信地でもあるアメリカ・ロサンゼルスで浸透している“ソーダスタイル”を取り入れたショップとなっているそうだ。

日本初!ソーダの専門店 SodaStream
日本初!ソーダの専門店 SodaStream

SodaStream in BC426 では、ロサンゼルスのトレンドでもある野菜や果物、生薬などをミックスした“新感覚”ソーダメニュー「L.A. style」全30種(ノンアルコール20種・アルコール10種)に加え、オリジナルシロップを使ったソーダメニュー「SodaStreamFlavor」全26種の合計56種が提供される。

さらに、それぞれのメニューに対し炭酸の“強度”を3段階から選ぶことができ、全部で168通りの組み合わせが楽しめるのだとか。価格は L.A. style 250円~(アルコールは各650円)、SodaStreamFlavor 100円~。イートイン・テイクアウトどちらも可能。

以下、L.A. style のソーダメニューの中から一部のフレーバーをご紹介する。なお、おすすめの炭酸強度はいずれももっとも強い「SodaStream Strong(強炭酸)」とのこと。

◆キューカンバーレモネード

ロサンゼルスで行列のできるソーダ店には必ずといっていいほどあるという、キューカンバー(きゅうり)を使ったフレーバー。暑い夏、クールダウンしたいときにぴったりだそうだ。元サッカー選手のデイヴィット・ベッカム氏もお気に入りのソーダなのだとか。

きゅうりの味が爽やかでみずみずしい!
きゅうりの味が爽やかでみずみずしい!

◆ルバーブストロベリーソーダ

ハリウッドセレブも注目しているという生薬“ルバーブ”を使ったフレーバー。ルバーブは別名“大黄(だいおう)”とも呼ばれ、中国では漢方薬として飲まれているそう。ルバーブの爽やかな酸味と、ストロベリーの甘さが楽しめるソーダに仕上がっている。

甘酸っぱい香りが弾ける!
甘酸っぱい香りが弾ける!

◆コーヒーソーダ

アメリカのイタリア系移民たちが飲んでいたエスプレッソにソーダを混ぜたのが始まりといわれているフレーバー。エスプレッソにシロップを加え、そこにソーダを合わせて仕上げられている。後味にほんのり香るコーヒーの苦みが“大人な味わい”を演出し、1度飲むとやみつきになるフレーバーだそうだ。

アイスコーヒーのしゅわしゅわバージョン
アイスコーヒーのしゅわしゅわバージョン

◆ストロベリーレモネード

ロサンゼルスで親しまれているフレーバー「ストロベリーレモネード」。ストロベリー味のアイスと一緒に提供される。アイスとソーダを別々に味わうもよし、アイスをソーダに溶かして甘さを加えて飲むのもよし。

アイスを溶かすといちごの甘さが濃厚に!
アイスを溶かすといちごの甘さが濃厚に!

また同店では、ドリンク以外にフードメニューも用意される。野菜をたっぷり使った「ハンバーガープレート」(700円)と、パプリカまたはハラペーニョからトッピングが選べる「ホットドッグプレート」(500円)の2種類だ。いずれもケールサラダ、さつまいものフライドポテトとともに提供される。

野菜たっぷり!ハンバーガープレート
野菜たっぷり!ハンバーガープレート

 
ホットドッグプレートもあるよ(写真はハラペーニョ)
ホットドッグプレートもあるよ(写真はハラペーニョ)

 
店舗所在地は、東京都渋谷区神宮前4-26-18 原宿ピアザビル 1F・2F(ベーカリーカフェ426)。営業時間は9時~21時(ラストオーダー20時30分)。

今年は L.A. スタイルの夏を過ごしてみる?
今年は L.A. スタイルの夏を過ごしてみる?

※表記価格はすべて税別

※7月29日追記:ソーダ・ストリームによると、今回の出店は中止となることが正式に決定したそうです。