焼きスパゲティ専門店「ロメスパバルボア」が、7月11日、霞ヶ関「飯野ビル」地下1階に新店をオープンする。カウンター12席、2人掛けテーブル席8卓の計28席が用意される。

左から、「ナポリタン」「青じそトマト」「ぼっかけ」
左から、「ナポリタン」「青じそトマト」「ぼっかけ」

ロメスパバルボアは、“一度食べたらやみつきになる”という、濃い目の味付けが特徴の焼きスパゲティが楽しめるレストラン。2011年に創業し、これまでに日本橋室町店、虎ノ門店の2店舗が展開されている。

メニューには、茹で置きした“極太麺”のスパゲティを肉や野菜、特製ソースと合わせて豪快に炒めた「ナポリタン」をはじめ、「青じそトマト」や「ぼっかけ」といった焼きスパゲティがラインナップ。

提供メニューは以下のとおり。

・焼きスパゲティ(6種)並盛り550円~
ナポリタン
青じそトマト
ぼっかけ(牛スジとコンニャク煮込み)
しょうゆアサリ
明太子
ミートカレー

・トッピング(4種)各100円
温泉たまご
キムチ
高菜
ガーリックチップス

その他、アルコール類を含むドリンクメニューも提供される。

店舗所在地は、東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング B1。営業時間は、月~土 11時~22時(日祝定休)。