「タピオカミルクティー」が有名な台湾生まれの“お茶カフェ”「春水堂(チュンスイタン)」で、ランチメニューの提供が7月9日に開始される。

春水堂でランチが楽しめる!
春水堂でランチが楽しめる!

今回発売されるメニューは、本国台湾の店舗でも人気の「台湾風炸醤(ザージャー)麺」など2種類の麺料理。

ザージャー麺は、温かい麺と具を混ぜ合わせて食べる“汁なしまぜ麺”。ジャージャー麺の台湾での名称なのだそう。台湾では、八角をきかせたスパイシーな味付けが特徴で、肉みそとたっぷりの野菜を混ぜて食べる。同店の台湾風炸醤麺はオリジナルレシピで仕上げてあり、オプションのパクチーをトッピングするとさらに台湾気分が味わえるとのこと。

台湾風炸醤麺
台湾風炸醤麺

一方「蒸し鶏の胡麻だれ麺」は、日本の店舗オリジナルの“汁なしまぜ麺”。蒸し鶏をオリジナルブレンドのピリ辛胡麻だれであえてあり、5種類の野菜もトッピングされているそうだ。

蒸し鶏の胡麻だれ麺
蒸し鶏の胡麻だれ麺

いずれも単品価格は850円(税込、以下同様)、ドリンクとのセットで1,240円。11時~14時のランチタイムは、セット価格が1,080円となり、お得に楽しめる。イートイン/テイクアウトともに可能とのこと。