1年にたった1度、再会を許される織姫と彦星。ふたりがようやく手を取り合える日が、今年も間もなくやってきます。1年ぶりに会った恋人たちは、いったいどんな話をするんでしょう。ああ、なんてロマンチック...。

そんなロマンチック気分で訪れたいのが、2013年9月に原宿・表参道にオープンした「宇宙かふぇ」。ここでは、「虹色パンケーキ」(要予約/2,000円)というロマンチックが止まらないメニューも食べられるそう!さっそく筆者もお店へ行ってみました。

虹色のパンケーキだなんて...!
虹色のパンケーキだなんて...!

宇宙かふぇは、表参道ヒルズの裏道を入ったところにあります。ワゴン車を改装したその外観はまるでスペースシャトル!さらに店内に入ってみると...わぁ!中までスペースシャトルみたいっ!

原宿に突然スペースシャトルが...!?
原宿に突然スペースシャトルが...!?

 
なんか...落ち着く...
なんか...落ち着く...


あわわわ、UFO!?
あわわわ、UFO!?

 
店内のいたるところに宇宙にちなんだ雑貨や本、写真が飾られていたり、“惑星”みたいなアクセサリーが販売されていたり。か、可愛すぎる...!!

あの好感度 No.1 ロボットも
あの好感度 No.1 ロボットも

 
このあと買っちゃいました☆てへぺろ
このあと買っちゃいました☆てへぺろ

席につき、予約してあった虹色パンケーキと、ドリンクメニューからカフェラテ(480円)を注文。数分後、まずはカフェラテが運ばれてきました。

お星さまがデコレーションされてる!
お星さまがデコレーションされてる!

カフェラテは、名古屋のコーヒー専門店「アポロコーヒー」から取り寄せた豆を使って淹れられます。酸味が少なく、まろやかな味わい。フォームミルクには、ココアパウダーで「★」がデコレーションされています。

そしてついに、高さ15センチはあろうかという虹色パンケーキが登場!デコレーションケーキみたい!...あれ?でも、真っ白だなこれ。虹色はどこに...?

これが虹色パンケーキ!
これが虹色パンケーキ!

倒さないよう、そっとパンケーキにナイフを入れてみると...うわーーーお!! まさに虹のようなカラフルな層が現れましたよ!! 下から、青、緑、黄色、ピンク、赤色のパンケーキが計5枚重ねられています!

ナイフを入れると...
ナイフを入れると...

うわーーーーおーーーーー!!!!!  雲間から虹がのぞいたみたい
うわーーーーおーーーーー!!!!!
雲間から虹がのぞいたみたい

さらに、緑と黄色、青と緑のあいだには、それぞれカットされたパイナップルとベリーの果肉がクリームとともにたっぷりとサンドされています。全部合わせて「7色」というわけ!

カットすると自立が難しい
カットすると自立が難しい

ナイフを入れただけでこんなにテンションが上がるパンケーキなんて初めて!何だかもったいないけど、味が気になるので食べちゃいます。

もちっとした食感のパンケーキは、安心して食べられるおいしさ。家庭で作るホットケーキのようなシンプルな味付けです。生地が甘すぎないので、ほわほわのクリームやフルーツとの相性もバッチリ!

ちなみに、なぜパイナップルとベリーが使われているかというと、この2つには銀河の中に存在する有機化合物のひとつ「ギ酸エチル」が含まれているからだそう!私は今、“宇宙”を味わっているのね...ロマンチックー!!

ということは、宇宙も甘いのかな...?
ということは、宇宙も甘いのかな...?

なお、宇宙かふぇには虹色パンケーキのほかに“普通”サイズのパンケーキもあります。「お日さま型」や「ロケット型」などから形を選ぶことができ、さらにトッピングも自分でセレクトできる仕組み。お好きな組み合わせでオーダーしてみてくださいね!

通常メニューのパンケーキ。種類豊富!
通常メニューのパンケーキ。種類豊富!

こちらは土星パンケーキ。キュン...
こちらは土星パンケーキ。キュン...

ちなみに宇宙かふぇに夜訪れると、スタッフさんと一緒に天体観測もできるんだとか。それ、めちゃくちゃ楽しそうですやん!というわけで七夕も近いことですし、宇宙船みたいな非日常的空間で、とびきりロマンチックな夜を過ごしてみませんか?

店舗所在地は、東京都渋谷区神宮前4-13-20。営業時間は11時~22時、火曜定休です。

キリンさんもお待ちしてます!(キリン座...?)
キリンさんもお待ちしてます!(キリン座...?)