いま韓国では、ティーネイジャーの間でバックパックならぬ「スナックパック」がブームを巻き起こしているそうだ。米国メディア Eater.com が伝えている。

スナックパック...?
スナックパック...?

スナックパックとは、クッキーやポテトチップスといったお菓子のパッケージをつなぎ合わせて作られた、ハンドメイドのバックパック。ヤクルト(?)をビニールパックごとくっつけている女子もいる。そしてもちろん、お菓子の中身も入ったままだ。

Facebook ページ「What to Eat Today?」では、年頃の女子高生たちがオシャンティなスナックパックを競うように背負った写真が公開されている。背中にごっそりお菓子をしょってカメの甲羅のように見えるものもあれば、色や形を統一して作られた芸術点高めのものもある。

カメの甲羅のように
カメの甲羅のように

色とりどりでオシャンティ
色とりどりでオシャンティ

10代の若者は常に空腹。休み時間ごとにおやつを食べたい、たくさん食べたいという思いから、このスナックパックは作られたに違いない。ともすれば災害時の非常食にもなる。便利だ。

重くないの?と思った貴方、思い出してみてほしい。体力を有り余らせ、毎日のように友達とばか騒ぎしていた、疲れ知らずのあの頃を。

それ本当にオシャレ?と思った貴方、思い出してみてほしい。ルーズソックスを履き、制服のスカートの下から堂々とジャージ姿を露(あら)わにしていた、あの頃を。

お洒落とクレイジーは紙一重
お洒落とクレイジーは紙一重

※画像の出典はすべて「What to Eat Today?」Facebookページ