かつて、こんなにも小さく、儚(はかな)く、しかし力強いアートが存在しただろうか。


手先が器用すぎるトルコの芸術家 Hasan Kale 氏は、自身の故郷であるイスタンブールの風景を“食べ物”に描いた作品を発表した。米国メディア Illusion が伝えている。

彼の作品に使われているのは、チョコレート、コーヒー豆、アーモンド(ここまではまあ、想定の範囲内なのだが)、さらにはメロンの種玉ねぎの皮など、うっかりすると鼻息で吹き飛んでしまうほどに小さなキャンバス。ここに絵筆を使い、モスクや海、街の風景が描かれているのだ。

完成された作品を見ているだけで、ここに絵を描くことがどれほど神経を使う繊細な作業かを容易に想像できる。

繊細なタッチで描かれたトルコの風景
繊細なタッチで描かれたトルコの風景


よーく見ないとわからない?
よーく見ないとわからない?

何という神業...!
何という神業...!

だがしかし、小さく繊細だからこそ醸し出される雄大さ、力強さというものが感じられはしないだろうか。面の面積が小さい方がより強い圧力がかかるのと同じように、キャンバスが小さいほど、より濃密なパッションや憧憬がそこに込められている気がするのは筆者だけではないだろう。

イスタンブール、行ってみたくなるね
イスタンブール、行ってみたくなるね

母国への愛と情熱に溢れた彼の作品は、公式 Facebook ページから閲覧することができる。

※画像の出典はすべて Hasan Kale 氏