夏になるとコンビニに登場し、ついつい買ってしまうものがある。それが、「ガリガリ君」。1981年のデビューからすでに30年以上が経過した今も、子どもから大人まで幅広い層に支持されているアイスキャンディーだ。

 
ガリガリ君
埼玉県深谷市在住
デビューから30年以上経過しているが、いまなお現役の小学生だ
 
その「かじる」ガリガリ君に新しいバージョンが登場した。それが「シャリシャリ君ソーダ」。「『吸う』ガリガリ君」をコンセプトに開発された新商品だ。7月10日に東京都と東北6県のコンビニで限定発売される。
 
シャリシャリ君ソーダ
 
「シャリシャリ君ソーダ」は、ガリガリ君ソーダの真ん中にある「シャリシャリ食感」のかき氷部分だけを容器に閉じ込めたもので、ガリガリ君とはまた違った食感のかき氷が楽しめる。
 
中身が変わったことにあわせ、パッケージも変化。「ガリガリ君」はマスクをかぶり、「シャリシャリ君」へと変身した。
 
左が「ガリガリ君」、右が「シャリシャリ君」
変身後は、ガリガリ君だと見破ることは困難だという
 
ガリガリ君を製造する赤城乳業によれば、「シャリシャリ君ソーダ」はかつて2005年、2006年に販売され、各メディアで「華麗なる失敗作」として特集された伝説の商品「シャリシャリ君ソーダバニラ」の改定復刻版だという。
 
今回のシャリシャリ君は6年前のリベンジを狙った商品なわけだが、うまくいくのだろうか?ガリガリ君ファンとしては非常に興味深い。リベンジに成功して欲しいという気持ちはもちろんあるが、また失敗に終わったとしても、それはそれで盛り上がってしまうような気もする。
 
この「シャリシャリ君ソーダ」、数量限定ということなので、味を試してみたい方はお早目に!