バーテンダーとしての技能を競う世界大会「ワールドクラス」が7月にイギリスで開催される。その日本代表を決める「ワールドクラス2014 ジャパンファイナル」が、キリン・ディアジオ主催のもと6月1日、2日の2日間にわたり行われ、東京・銀座のバー「BAR HIGH FIVE」に勤務する倉上香里さんが総合優勝を果たした。

「ワールドクラス2014 ジャパンファイナル」総合入賞者上位3名  左から、3位の槇永優さん、優勝した倉上香里さん、2位の茂内真利子さん
「ワールドクラス2014 ジャパンファイナル」総合入賞者上位3名
左から、3位の槇永優さん、優勝した倉上香里さん、2位の茂内真利子さん

ジャパンファイナルでは、1次・2次予選を勝ち抜いたバーテンダー10名が4つの競技を行い、バーテンダーのパーソナリティーも含めた「技」、「味」、そして「おもてなし」を競う。競技は、オリジナルカクテル作りに始まり、クラシックカクテルにオリジナルのツイスト(変化)を加えるアレンジなど、エンターテイメント性とプロフェッショナル性を兼ね備えた内容だ。

みごと総合優勝を果たした倉上さんは、「早くバーに戻ってマスターに伝えたい。それから今日の店舗業務もしないと」と喜びの表情でコメントし、会場の笑いを誘っていた。

祝杯のマルガリータを作る倉上さん
祝杯のマルガリータを作る倉上さん

倉上さんは、7月28日から8月1日までの期間、スコットランドからロンドンにかけて行われるグローバルファイナルへ日本代表として出場する。今年で6年目を迎えるワールドクラスは、“Raising the Bar”(バーの価値を高める/バー文化を盛り上げる)をテーマに世界52か国のバーテンダーが競う世界規模の大会。更なる大舞台へ挑む倉上さんの活躍に期待したい。