以前、罰ゲームでマクドナルドのレシートをタトゥーにした少年の話題をお伝えしたが、こんどはケンタッキーフライドチキン(KFC)を愛しすぎてしまった男性が、カーネルおじさんの顔とお気に入りメニューのタトゥーを足に彫り入れてしまったというクレイジーなニュースが飛び込んできた。海外メディア Buzz Feed が伝えている。

KFC への愛を誓う
KFC への愛を誓う

同メディアによると、彼は米国 KFC から期間限定で販売されていた超ガッツリ系メニュー「Double Down(ダブル ダウン)」の大ファン。商品レビューを写真や動画で撮影して SNS に投稿する KFC のプロモーション企画「How Do You KFC」のために、このタトゥーを入れたようだ。

ちなみにダブルダウンというのは2枚の分厚いフライドチキンでベーコンとチーズをサンドしたもので、2010年に初めて発売された際にはひと月でなんと1,000万食(!)を売り上げたというセンセーショナルな商品らしい。

カロリーが怖い!ダブルダウン  (出典:KFC 公式サイト)
カロリーが怖い!ダブルダウン
(出典:KFC 公式サイト)

KFC の公式 YouTube チャンネルからは、彼がふくらはぎ部分に KFC への“愛”を刻み込む様子とインタビュー映像が公開されている。その中で彼が語る KFC への想いとタトゥーを入れる理由がクールなので、以下にご紹介したい。

男性「彼女とのデートでダブルダウンを食べたんだ――それがすべての始まりだった。

(KFC のタトゥーを入れる理由は)誰もが何それ、って聞きたくなるだろ?それが面白いからさ」

キリッ
キリッ