海外セレブや美容に敏感な女性たちから絶大な支持を得ている“ココナッツ”。最近は日本でもじわじわブームがきていますよね。そんなココナッツを使った料理を提供する日本初の専門店が、表参道にあるというので行ってきました!

ココナッツ料理専門店って珍しい!
ココナッツ料理専門店って珍しい!

お店の名前は「CoCo Brown(ココ ブラウン)」。表参道駅から歩いて10分弱、青山学院大学西門の目の前にあります。この日も、青学の学生さんと見られるお客さんが何組か来店していました。

階段を上がると...
階段を上がると...

ココブラウン登場!
ココブラウン登場!

店内は落ち着いた雰囲気で、白を基調としたナチュラルで控えめな内装、ウクレレの奏でるハワイアンミュージック、鮮やかに咲くブーゲンビリア、どれをとってもまさに南国の楽園そのもの!居心地よすぎて、ついつい長居しちゃいそうです。

早くも店内はココナッツの香りが...
早くも店内はココナッツの香りが...

 
カウンター席もある!
カウンター席もある!
 

メニューには、ココナッツを使った料理やドリンクがずらりと並んでいます。初来店の筆者は、オーソドックスなオリジナルパンケーキ「ココ ブラウン」(1,000円)と、フレンチトーストからは「ハウピア&パイナップル」(1,400円)を選択。さらにデザートメニューから「ココナッツ ドラゴンボウル」(650円)を注文してみました。

外のメニューボードでも推されてた!
外のメニューボードでも推されてた!

10分ほど待つと、焼きたてほかほかのパンケーキが運ばれてきました...ってこれ、大きいーーー!! 2人でシェアしても十分なボリュームと大きさです!!

ココナッツの香りが南国へといざなう
ココナッツの香りが南国へといざなう

直径10センチ近くはあろうかという大きなパンケーキ2枚に、たっぷりのココナッツクリームが合わせられています。

口に入れるとしゅわっと溶けるココナッツクリームは、雲みたいにほわほわ~。やさしい自然の甘みと香りで、甘さ控えめのパンケーキとよく合います。生地はきめ細かくて、しっとりモチモチ!シンプルだからこそ、完璧なバランスでした。口当たりも軽いので、いくらでも食べられちゃう!

ここは天国に1番近い場所...?
ここは天国に1番近い場所...?

さて、続いてフレンチトースト「ハウピア&パイナップル」が運ばれてきました。こ...これも巨大だぞーーー!!!

全長30センチはありそう
全長30センチはありそう

「ハウピア」というのは、ココナッツミルクからつくられたババロアのこと。このハウピアがたっぷりとのったトーストに、一口サイズにカットされたパイナップルがごろごろとトッピングされています。

トーストには、珍しい細長いパンが使われています。外はサクッと噛みごたえがあり、中は卵液がよく染み込んでいて、しっとりぷるぷる!歯がいらないくらい柔らかく、ふわっと溶けます。

香ばしくてぷるぷるん
香ばしくてぷるぷるん

ハウピアはというと、ふるふるっと弾力がありつつ、もっちりとした不思議食感!ほんのりココナッツミルクの甘さがパイナップルの酸味と合わさって、絶妙な味わいを演出しています。ちなみに、こちらも2~3人でシェアできるボリューム感

そして最後にいただくのは、デザートメニュー「ココナッツ ドラゴンボウル」。これは1人でも十分食べきれる量です、ご安心を。

ヘルシーな朝食にも!
ヘルシーな朝食にも!

ヨーグルトにドラゴンフルーツのピューレとブルーベリーソースを合わせ、バナナ、パイナップルの果実とグラノーラ、ココナッツがトッピングされています。全体を混ぜていただきましょう。

ねばりのあるドラゴンフルーツはみずみずしく、南国独特の香りで存在感があります。ヨーグルトやブルーベリーの酸味で、シンプルなさっぱりとした味わい。ドラゴンフルーツのプチプチ感やグラノーラのサクサク食感がアクセントに効いています。

フルーツの甘さが引き立つ!
フルーツの甘さが引き立つ!

3品をぺろりと食べ終え、すっかりココナッツに魅了されてしまいました。甘く後を引く南国の香りで、待ち遠しい夏をちょっぴり先取りした気分にも。注目のココナッツ料理を試してみたい方、ひと足先に夏を感じたい方、とにかくパンケーキに目がない方、ぜひ一度ココブラウンに足を運んでみてくださいね!