えん食べ編集部では以前、「『カール』のシークレットキャラクターを見つけてみよう!」という企画を実施、雪だるまカールの発見に成功した。

 
だが、そのとき水面下では密かにもう1つの企画が進められていた。それが今回公開する『「願いのピノ」を探せ! 』だ。
 
森永ピノ
 
カールのシークレットキャラクターを探すのは、実は簡単だった。編集部は調査用に30袋のカールを購入したが、カールはすぐに腐るものでもないし、ジップロックに入れてしまっておけばしけることも無い。
 
だが、ピノは手ごわい。30個も買ったら、冷凍庫は一杯になる。また、箱を開けたら、とっとと食べてしまわないと溶けてしまう。ピノはおいしいが、1日に何箱も食べられるものではない。どう頑張っても、2~3日に1箱しか調査が進まない、というのがピノ調査の手ごわさなのだ。
 
しかし、調査は意外と早い決着を見た。カールの調査ではシークレットキャラクターに出会うまで30袋のカールが必要だったが、ピノの調査では予想よりも早く願いのピノが表れたのだ。
 
では、ご登場願おう。こちらが、『願いのピノ』さんです。
 
『願いのピノ』近影
 
言われてみれば、確かに星型をしているように見える。でも、プッチンプリンの形に似ているようにも見える。
 
せっかく見つけたので、新宿の高層ビル群をバックにして記念写真を撮ってみた。
 
新宿の高層ビル群をバックに誇らしげなピノ 
 
……あまり意味はなかったかもしれない。
 
この願いのピノ、空にかざしながら願い事を3度唱えると、その願いを叶えてくれるという。写真でも効果があるのかは不明だが、読者の方にも是非試してみて頂きたい。
 
では、かざします。
 
『世界が私の足元にひれ伏しますように。世界が私の足元にひれ伏しますように。世界が私の足元に……』
 
もし明日の朝、オバマ大統領がキャデラックに乗って出迎えに来たら、それはあなたの願いがかなったということだ。オバマ大統領を運転手にして、いつものように、職場に向かおう! 
 
さて、では、願いのピノが見つかるまでに、何箱のピノが必要だったのだろうか?
 
こちらが、その正解です!
 
調査期間中に食べ尽くしたピノ 
 
全部で、7箱でした。調査期間中、合計42個ものピノが胃に収まったことになる。これが標準的なものなのか、たまたま早く見つかったのかはわからない。でも、ピノ好きの友人に聞くと、そんなもんなんじゃないの?ってことだった。友人は、1箱に願いのピノが2個入ったものを買ったことがあるそうだ。
 
今回の調査にかかった費用は735円だった。これで世界がひれ伏すなら、安いものだ。
 
調査の精度を高めるために追跡調査を実施したいところだが、「冷凍庫がピノだらけで、まともな料理ができない!」と妻に怒られてしまったので、ピノの調査はこれで終了。世界がひれ伏しても、妻がひれ伏すことはないようだ。
 
では、次回は「おもちゃのカンヅメをもらえるまでには、チョコボールは何箱必要なのか?」でお会いしましょう!