日本マクドナルド各店で、初の「FIFA ワールドカップ(W 杯)公式ハンバーガー」をはじめ、ハンバーガーやサイドメニューなど14種が5月27日から順次発売される。

今回登場するのは、開催国ブラジルなど出場8か国をイメージした商品。ハンバーガー4種、サイドメニュー3種、ドリンク・デザート6種、朝マックメニュー1種の計14種がラインナップされている。

マックに、W 杯開催記念メニューが登場
マックに、W 杯開催記念メニューが登場

◆ハンバーガー

5月27日から6月17日まで(予定)販売されるのは、「ブラジルバーガー ビーフ BBQ」「ドイツバーガー ポークシュニッツェル」の2種。

ブラジルバーガー(左)、ドイツバーガー(右)
ブラジルバーガー(左)、ドイツバーガー(右)

ブラジルバーガーは、サッカーボール仕様のバンズがポイント。ビーフパティ2枚でチーズをはさみ、香ばしいグリルソースが合わせてあるそう。一方のドイツバーガーは、ドイツなどでよく食べられるカツレツ「シュニッツェル」がモチーフ。プレッツェル風バンズに、細引きパン粉で揚げたポークカツ、ポテトフィリング、ローストオニオンを合わせ、きのこが香る「シャンピニオンソース」で仕上げてあるとのこと。

6月18日から7月上旬まで(予定)は、「ジャパンバーガー ビーフメンチ」「フランスバーガー チキンコルドンブルー」の2種が販売される。

ジャパンバーガー(左)、フランスバーガー(右)
ジャパンバーガー(左)、フランスバーガー(右)

ジャパンバーガーは、サッカーボール仕様のバンズに、チーズ入りメンチカツがサンドされているそう。またフランスバーガーは、ハムなどとチーズを包んで揚げたカツ「コルドンブルー」をイメージしたもの。チキンフライと、スモークせずにスチームして作られたフランス式のハム3枚に、カマンベールソースが合わせてあるとのこと。

単品価格はいずれも399円。

◆サイドメニュー

サイドメニューは、3種が5月27日から7月上旬まで販売される。

「イタリアン リゾットボール(トマト&イカスミ)」は、玄米のリゾットでチーズソースを包み、揚げたもの。ガーリックとハーブが入ったトマトリゾットと、黒色が目を引くイカスミリゾット、各1個がセットになっている。単品価格は199円。

赤と黒、2色がセットの「リゾットボール」
赤と黒、2色がセットの「リゾットボール」

「チキンマックナゲット」には、チーズのコクとバジルの風味が楽しめる「イタリアンバジルチーズソース」と、ドイツのソーセージ料理「カレーヴルスト」をイメージした「ジャーマンカレーソース」の2種のソースが登場する。

◆ドリンク&デザート

炭酸飲料「マックフィズ」からは、「ジャパンマックフィズ ブルーラムネ」「オランダマックフィズ パッションオレンジ」(単品237円~247円)、それぞれにソフトクリームをのせた「ジャパンマックフロート ブルーラムネ」「オランダマックフロート パッションオレンジ」(単品299円)が登場。

ジャパンマックフロート(左)、オランダマックフロート(右)
ジャパンマックフロート(左)、オランダマックフロート(右)

デザートメニュー「マックフルーリー」には、クーベルチュールチョコレートとワッフルコーンをミックスした「ベルギーマックフルーリー ワッフルチョコレート」と、ほろ苦いキャラメルソースとカスタードソース、カリカリのシュガークランチを合わせた「フランスマックフルーリー クレームブリュレ」(各276円)が追加される。

ベルギーマックフルーリー(左)、フランスマックフルーリー(右)
ベルギーマックフルーリー(左)、フランスマックフルーリー(右)

販売期間はいずれも、5月27日から7月上旬まで。

◆朝マック

朝マックには「スパニッシュ オムレツマフィン」が登場。ほうれんそうと赤パプリカが入ったオムレツとチーズ、スペイン料理で使われる「トメスコソース」がサンドしてあるとのこと。単品価格は269円~319円、ドリンク(S)が付くコンビは360円。5月27日から7月上旬までの販売予定。

マフィンにはスパニッシュオムレツをサンド
マフィンにはスパニッシュオムレツをサンド

※表記価格はすべて税込。