ローソンで販売されている『ブランパン』シリーズが、「米ブラン」入りにリニューアル。さらに低糖質になって、5月20日から販売されます。

人気の「ブランパン」がリニューアル
人気の「ブランパン」がリニューアル

ブランパンは、小麦粉のかわりに「小麦ブラン(外皮)」を使い、低糖質に仕上げられている商品。2012年に発売されて以来、糖尿病などにより糖質を制限している人や、健康に気を使う人などに人気があるのだとか。

現在販売されている商品は、小麦ブランとオーツ麦のブランをミックスしたものですが、今回のリニューアルでは、オーツ麦ブランのかわりに米ブランを使っているそう。それにより風味がアップし、しっとり、ふんわりとした食感になっているそうです。

筆者も「ブランパン 2個入り」(税込125円)を食べてみましたが、小麦ブラン特有の穀物くささが強くなく、とても食べやすく仕上がっていました。糖質は、1個あたり3.4g から 2.2g にダウン。小麦粉を使った一般的なロールパンに比べると、84.3%抑えられているそうです。

実は、リニューアルされたブランパンシリーズは、関東エリアで展開しているショップ・ナチュラルローソンで先行販売中。通常のローソンではリニューアル前のものが手に入るので、食べ比べることができます。

右がリニューアル後
右がリニューアル後

見た目の違いは分かりにくいですが、リニューアル後の商品の方がやや大きいみたい。食べ比べると、確かにリニューアル後のものの方が全体的に風味が強く、米の甘みが感じられました。小麦ブランのザラザラした舌ざわりは少しだけあるものの、しっとりした米粉パンのような印象。“ブラン入門”にはオススメかもしれません。

リニューアル前(左)、後(右)
リニューアル前(左)、後(右)

“米ブラン入り”のブランパンシリーズ、通常のローソン店舗では5月20日に発売されます。「ブランパン 2個入り」のほかに、「ブランブレッド」(同175円)、「チーズ&トマトブラン 2個入り」(同150円)、「ブランのしっとりメロンパン(発酵バター)」(同145円)、「ほろにがショコラ&ホイップブラン」(同150円)、「ブランのトマトカレーパン(オリーブオイル付)」(同140円)がラインナップされています。

5月27日には、「キヌア&オレンジのブラン 2個入り」(同150円)、「ブランのモッチリング メープル&くるみ」(同135円)も登場。またナチュラルローソン限定商品として、「ブランのチョコベーグル」(同175円)など5商品も展開されます。

“米粉入り”ブランパンが続々
“米粉入り”ブランパンが続々

カレーパンも、糖質7.1g と低め
カレーパンも、糖質7.1g と低め

今後も新商品の開発は続けられるそう。スイーツや菓子も含め、どのような商品が登場するのか楽しみです。