女子力、足りてますか?-- 和風スイーツ「豆乳女子」

女子力、足りてますか?-- 和風スイーツ「豆乳女子」

 

今年も夏が近付いて参りました。

 

夏といえば、海水浴、バーベキュー、音楽フェス、ビアガーデンなど様々なイベントがあるわけですが、それらを楽しむために、事前に準備しておく物も多いですよね。水着であったり、BBQ 器材であったり、昼からビールを飲んでしまう罪悪感の振り払い方であったり、人それぞれあると思うんですが、全てのイベントに共通して必要となる“女子力(それは主に思慮深さや洞察力)”がなによりも大事だと思うんです。

 

「女子力が大事」と言われてもよくわからないと思いますので、一例を挙げてみましょう。

たとえば、あなたが多摩川の河川敷で BBQ をしているとして、いままさに熱されている鉄板の上に、あなたが(便宜上、)大好きなオクラが見当たりません。そうすると(便宜上、)オクラ好きのあなたは耐えがたい寂寥感を覚え、買い出しを担当していた自称気の利く女子にこう尋ねるのです。

 

「あの、…オクラ、……僕のオクラ知りませんか」

女子返して曰く、

「オクラ? キャベツとエリンギがあればこと足りると思って買ってないよ(てへぺろ☆)」

 

どうですか、これはオクラ好きとしてはシャレになりませんよね。「野菜も色々買ったけど、念のためオクラも買っておこう」くらいの思いやり(それはつまり女子力)が欲しいところです。オクラ、おいしいと思うんですけど、どうでしょうかね。

 

それはそうと(もはや夏もバーベキューもどうでもいいのですが)、そのような場面で役立つはずの“女子力”をドーピングできる“和風スイーツ”を見つけました。

 

以下、商品説明の一部抜粋。

 女性なら見過ごすことのできないプルプル感。
 この夏あなたも!!女子力 UP 間違いなし!!

これは期待できます! さあ、実際の商品を見てみましょう!

 

その名も「豆乳女子」。字面も語感もステキですね。

その名も「豆乳女子」。字面も語感もステキですね。

その名も「豆乳女子(とうにゅうじょし)」。字面も語感もステキですね。

 

プレーンと抹茶味のセット。意外とボリュームがあります。

プレーンと抹茶味のセット。意外とボリュームがあります。

プレーンと抹茶味のセット。意外とボリュームがあります。

 

とりあえず脱がせました。ぷるぷるしてます。

とりあえず脱がせました。ぷるぷるしてます。

とりあえず脱がせました。ぷるぷるしてます。

 

食べやすい大きさに切り刻みます。おせちに混ざっていても気にならないビジュアルです。

食べやすい大きさに切り刻みます。おせちに混ざっていても気にならないビジュアルです。

食べやすい大きさに切り刻みます。おせちに混ざっていても気にならないビジュアルです。

 

お皿に盛りつけて、黒蜜をかけます。

お皿に盛りつけて、黒蜜をかけます。

お皿に盛りつけて、黒蜜をかけます。

 

きな粉もかけて、いただきます。

きな粉もかけて、いただきます。

きな粉もかけて、いただきます。

 

気になるお味は、白(プレーン)は“杏仁豆腐”のよう。抹茶は渋さと甘さとのバランスが絶妙でした。黒蜜・きな粉をかけても美味しいのですが、なにもかけずにそのまま食べても甘み・渋みが感じられます。誤解を恐れずに言えば「女子」の味がしますので、これは確実に上がると思います、女子力(でへじゅる☆)。

 

「豆乳女子」を食べることで得られるものは、女性の皆さまにおかれましては、ほかの誰よりも素早く取り皿を配るだとか、サラダの盛りつけにアクセントを加えるだとか、あの人の前で素直に振る舞える程度の女子力です。

 

また、豆乳女子を食べるのが女性とは限りません。たとえば思春期の男子諸君におかれましては、(ただの商品名ながらも)“「豆乳女子」を食べる”という行為に後ろめたさと恥じらいを感じる一方で、同時にそこはかとない征服感に浸っている自分に気付き、食後には大人の階段をまた一段上っているなどのある種の社会経験になる、かも、しれませんね。「食べる」とは“食物をかんでのみ込む”という意味です。

 

豆乳女子はオンラインストア「母母堂(ままいどう)」で販売中。豆乳は肌にも健康にもいいそうですよ。