住みたい街ランキングのトップ常連、東京・吉祥寺。新旧入り混じった不思議な魅力を持つこの街に、駅ビル「キラリナ」が新たにオープンした。

京王井の頭線 吉祥寺駅に直結する9階建てのキラリナには、ファッション雑貨や生活用品のほか、数々の絶品グルメが味わえるお店も集結。なにか素敵な出会いがあるに違いないと、さっそく足を運んでみたぞ!

おいしいものを探しに...!
おいしいものを探しに...!

筆者がキラリナに到着したのは14時を少し回った頃。今日のお目当ては、先日テレビ番組「ZIP!」でも紹介されていた洋菓子店「ファリ ブゥール」のタルトだ。地下1階のフードマーケット「フードパルク」にまっすぐ向かう。

キラリナに到着!駅から直結
キラリナに到着!駅から直結

 
フードパルクはものすごい人!
フードパルクはものすごい人!

あったぞ!ファリ ブゥール
あったぞ!ファリ ブゥール

フロアにはとにかく人、人、人!たくさんのお客さんで賑わいを見せる中、ファリ ブゥールのカウンターも、入れ代わり立ち代わり多くの人が取り囲んでいる。ま...負けられない戦いだ!筆者もあわてて注文することに。

番号札をもらって待つ
番号札をもらって待つ

今回購入したのは、ベリーのタルト「グランド フルール(3号)」(650円)と、コーヒー&チョコのタルト「モンターニュ ノワール」(420円)の2つ。ちなみにグランド フルールはこのタイミングでなんと最後の1個だった。絶対に手に入れたい人は、午前中など早めの来店が安心かもしれない。

瞬く間に売れていったタルトたち
瞬く間に売れていったタルトたち

お会計を済ませ、無事に目当ての品を手に入れた満足感に浸っていると、お隣にひときわ長~い行列を発見。これはいったい、何待ち?

ずらりと14人待ち
ずらりと14人待ち

そう、みなさんのお目当ては、ユーハイム「神戸牛のミートパイ」!店頭では焼きたてアツアツのパイを提供するため、焼き上がりの時間を案内してくれている。

筆者もいそいそと最後尾に並び15分ほど待つと、注文カウンターへと案内された。

大人気につき、ひとり4個まで!
大人気につき、ひとり4個まで!

メニューは全部で3種類、「神戸牛のミートパイ」「紅玉りんごのアップルパイ」そして14時に焼きあがったという限定商品「大井肉店のすき焼きミートパイ」だ。並ぶ時間が長いほどたくさん買いたくなる貧乏性を華麗に発揮し、全種類ひとつずつと、さらに「ミートパイ」プラスワンの合計4個をゲットしてやったぜ!フゥ~!!

当然4個買うでしょ!
当然4個買うでしょ!

というわけで、それぞれを思う存分に味わってみるとしよう。まずは、ホクホクのミートパイから。

艶やかな表面
艶やかな表面

神戸牛のミートパイは、中に神戸牛、たまねぎ、細かく刻んだゆで卵を合わせた “あん” が詰まっている。もぐもぐしていると、パイからあふれ出すバターの風味と、神戸牛からジワジワとにじみ出る旨みが最高のハーモニーを奏でる。

シンプルな味付けで、肉の旨みたっぷり
シンプルな味付けで、肉の旨みたっぷり

 
紅玉りんごのアップルパイは、中にレーズンとたっぷりの角切りりんごが詰まっている。とろっと柔らかく煮込まれたりんごの甘みが優しく口の中に広がり、一気に幸せモード。バターとりんごって、どうしてこんなにも合うんだろう...神様...!

紅玉りんごがちらっと見えてる
紅玉りんごがちらっと見えてる



輝くフィリングがたっぷり!
輝くフィリングがたっぷり!

大井肉店のすき焼きミートパイは、フィリングに神戸牛を使ったすき焼きが贅沢に入っている。割り下のしょうゆ風味もしっかり効いているぞ!香ばしいパイ生地と相性がいいのもなんだか不思議だ。ちなみに、編集部内での1番人気はこのすき焼きミートパイだった。

この中になんと “すき焼き” が入っております
この中になんと “すき焼き” が入っております

糸こんにゃく的なものも見える
糸こんにゃく的なものも見える

なお、家に持ち帰って食べる人は、箱に付いている「おいしいミートパイの温め方」にそって正しく温め直してから食べるのがいいだろう。

ひと手間で、焼きたてのようなおいしさに
ひと手間で、焼きたてのようなおいしさに

続いて、テレビでも紹介されたファリ ブゥールのタルトケーキを食べてみよう。まずはグランド フルールから。

長らくお待たせしました、タルトちゃん
長らくお待たせしました、タルトちゃん

しっとり柔らかいタルト生地にふんわりとしたスポンジを重ね、マスカルポーネチーズをたっぷり敷き詰めた上に、いちごやラズベリー、ブルーベリーなどが飾られている。

フレッシュな香りが誘う
フレッシュな香りが誘う

 
さっぱりとしたクリームは、口の中に爽やかな余韻を残してふわりと去っていく。甘酸っぱいフルーツともベストマッチ!これを嫌う人はいないであろう、誰もが納得するおいしさだ。

甘酸っぱくて爽やかな味わい
甘酸っぱくて爽やかな味わい

一方のモンターニュ ノワールは、いちごよりもちょっと固めのタルト生地。ザクザクとクッキーのように香ばしくて、なめらかなコーヒークリームやチョコのグラサージュとも相性抜群だ。さらに、ホワイトチョコのトッピングが食感にアクセントを加えている。

金粉がワンポイント
金粉がワンポイント

中はティラミスみたい!
中はティラミスみたい!

 
ほろ苦いコーヒークリームとビターなカカオのおかげで、大人の味わいに仕上がっている。この苦みがクセになり、次のひとくちが止まらない。

気に入ったぞ!!
気に入ったぞ!!

どちらも、「今日マジで甘いものガッツリいきたいんだわ」という日にはひとりで、普段の腹持ちならふたりでも十分に足りる大きさ。味、ボリュームともに文句なしだ。

なお、今回筆者が立ち寄ることができたのは2店舗だが、キラリナには他にもスイーツからお惣菜まで、たくさんのグルメショップが軒を連ねている。

パイのお店や
パイのお店や

 
プレッツェルのお店も
プレッツェルのお店も

 
フードパルクは、吉祥寺の新たなグルメスポットとなるか?キラリナから引き続き目が離せない。