窓にピザ。草むらにピザ。バスケットゴールにピザ。ピザ、ピザ、ピザ。日常の風景に溶け込む「ピザ」をテーマに、ロサンゼルスの写真家 Jonpaul Douglass 氏が撮影した作品シリーズ「Pizza in the wild」がものすごくぶっ飛んでいるのでご紹介したい。

なお、写真のタイトルは筆者が勝手にイメージで付けたものなのであしからず。

■スラム・ピザ・ダンク

...リバウンドっ!
...リバウンドっ!

■ポニーの背中に

鞍(くら)的な感じで
鞍(くら)的な感じで

■水を飲もうとしたら...

ピザですね
ピザですね

■War is Over

怒られなかったのかなこれ...
怒られなかったのかなこれ...

気になる作品のコンセプトだが、海外メディア Global Yodel によると、Douglass 氏は次のように話しているそうだ。

「あるとき、モノトーンの壁のど真ん中に、誰かがペパロニピザを貼り付けて行った光景を見たんだ。それがすごく可笑しかったから、街のいたるところにピザを置いて写真を撮ったら、さらにユーモラスな作品が出来あがるんじゃないかと思って」

うーむ、アートというのはいつ、どこから生まれるかわからない。

あっ...
あっ...

 
※画像の出典はすべて Jonpauldouglass.com