台湾で人気のマンゴースイーツ店マンゴーチャチャが、ついに東京・原宿に上陸しました!4月12日のオープン初日は、お店の外にまで長蛇の列ができたそうです。

先日、サニーヒルズのパイナップルケーキを食べて台湾スイーツの美味しさを知ってしまった筆者。平日の朝イチで、マンゴーチャチャにも足を運んできました!

並んでも食べたいマンゴースイーツ!
並んでも食べたいマンゴースイーツ!

マンゴーチャチャは、JR 原宿駅から竹下通りを抜け、明治通りを渡ってさらにまっすぐ3分ほど歩いたところにあります。ファミマがある角を右に曲がると、すぐに看板が見えますよ!

お店は2階です
お店は2階です

平日の朝ということもあり、開店前から並んでいたのは筆者ともう一人だけ。ですが、開店から30分とたたないうちに続々とお客さんが来店していたので、並ばずに入りたい方は開店時間の10時半までにスタンバイしておくといいかも。

お店に入ると、店員さんたちが「マンゴーチャチャ~!」の掛け声とともに笑顔でお出迎えしてくれます。まずはカウンターで注文し、お会計を済ませてから席へ。

南国の雰囲気漂う店内
南国の雰囲気漂う店内

ランプもマンゴーに見えてきた
ランプもマンゴーに見えてきた

 
今回、筆者はおひとり様での来店なので、一人でも食べられるサイズのかき氷「初恋」「モテキ シングル」「密な関係 シングル」の中から、「モテキ」(920円)をオーダーしてみました。

来い、モテキ!
来い、モテキ!

...そう。気づきましたね?マンゴーチャチャのメニュー名は、どれもユニークなものばかりなのです。

ほかにも「オレンジラブ」や「元カレ」などがラインナップされていますので、その日の心のコンディションによって「今日の自分にはコレだな!」というものをチョイスしてみてくださいね。Don't think, Feel☆(考えるな、感じろ)

さて、半ば願掛けの意味合いも込めてモテキを注文した筆者ですが、待っているとまずはマンゴージュースのウェルカムドリンクが運ばれてきました。とろとろ濃厚で、とっても美味しい!これ自体、ジュースというよりスイーツです!

おもてなしの心ですね!
おもてなしの心ですね!

続いて、待望のモテキがやってきました!かき氷とマンゴー、アイスクリームが別々にプレートに盛られています。

ハートはマシュマロ
ハートはマシュマロ

純白の氷は驚くほどふわっふわで、綿あめみたい!ミルクと絡まってほんのり甘く、氷とは思えないくらいまろやかな舌触りです。まるで雲を食べているようだわ...(食べたことないけど)。ふわふわと軽くて柔らかいので、アタマがキーンとなりにくい気がします。

これ、ほんとに氷?
これ、ほんとに氷?

そして、氷の隣に添えられたマンゴーも忘れちゃいけませんよ!旨み濃厚でジューシー、太陽をたっぷりと浴びた果実の味がします。モテキって、こんな甘い気持ちになるんだなぁ...

いっしょに食べると幸せが訪れる
いっしょに食べると幸せが訪れる

 
また、マンゴーアイスはきめの細かいシャーベット風。舌の上ですっと溶けて、濃厚なマンゴーの甘さが余韻となって残るけれども、後味はサッパリとしています。

モテキの美味しさに感動した筆者、きっとほかのマンゴースイーツも絶品に違いない!とマカロンを追加オーダーしちゃいました。が、残念ながらこの日は「フェイ(あっさり)」フレーバーの用意がないとのことで、「メロウ(濃厚)」だけいただくことに。1個270円です。


サクっと軽い食感の生地の中に、ひんやりとしたマンゴージャムとマンゴーの果肉が入っています。

中からとろ~りマンゴージャムが
中からとろ~りマンゴージャムが

正直に言います、これめちゃくちゃ美味しいよ!!生地はしっとりしているけれど、歯にくっ付くほどの粘度はなく、サクサクともちもちのバランスがちょうどいい!さらに中からとろけ出すマンゴーの自然な甘みが、ふわぁっとそよ風のように口の中に広がって...ここは......南国...?

マンゴーの味は濃厚なのだけれど、甘さがしつこくないので、ノンストップで食べられちゃう。かき氷もさることながら、マンゴーマカロンもぜひみなさんに食べていただきたい一品です。

ガッカリさせませんよ!
ガッカリさせませんよ!

というわけで、話題沸騰中のマンゴーチャチャのご紹介でした。次回は、原宿~表参道のぶらぶら途中に立ち寄りたい、タピオカミルクティーが美味しいお店「春水堂」の様子をお伝えします!どうぞお楽しみに~。