イタリア・パルマで開催されたピザ職人の国際的な大会「Campionato Mondiale Della Pizza」で、驚きの結果が生まれました。「世界一のマルゲリータ」を作って表彰されたのは、地元イタリアではなくオーストラリアのシェフ Johnny Di Francesco さん。35か国、600人以上の職人たちと競い、見事優勝を手に入れました。CNN.com が伝えています。

これが「世界一のマルゲリータ」  (出典:CNN.com)
これが「世界一のマルゲリータ」
(出典:CNN.com)

Di Francesco さんは、メルボルン郊外ブランズウィックにあるレストラン「400 Gradi」のオーナー。12歳のときからピザ作りを始め、イタリア・ナポリにある「Associazione Verace Pizza Napoletana(真のナポリピッツァ協会)」で学んだこともあるそうです。

見事優勝した Johnny Di Francesco さん  (出典:CNN.com)
見事優勝した Johnny Di Francesco さん
(出典:CNN.com)

評価されたマルゲリータについて Di Francesco さんは、「作るのが最も難しいピザ」と説明。トマト、モッツァレラチーズ、バジルといったシンプルな具材ゆえに味のごまかしがきかず、職人の真の腕前が試されるようです。

優勝に対する反響の大きさには驚かされたという Di Francesco さん。今ごろブランズウィックの小さなレストランには、世界一のマルゲリータを求めて各地からピザ好きが殺到しているのかもしれません。Di Francesco さんは名声を手にした後も、マルゲリータをこれまでどおりの値段(A$20.50)で提供するそうです。