二眼レフの元祖となったローライフレックスのヴィンテージカメラを、写真やカメラに興味のある方ならご存知かもしれない。そのカメラにそっくりな外観をしたカフェ Dreamy camera cafe が、韓国に登場したそうだ。英国メディア Daily Mail が伝えている。

わーお!こりゃまた!
わーお!こりゃまた!

同メディアによると、カフェをつくったのは陸軍航空隊のパイロット Park Sung-Hwan 氏と、元陸軍航空隊のパイロットで今はリタイアしているという彼の奥さん。平日は奥さんが、休日は夫婦そろってお店を切り盛りしているそうだ。

となりにあるのはご自宅
となりにあるのはご自宅

空に向かってそびえる巨大な直方体には、ふたつの大きな “レンズ” に加え、“シャッターボタン” や “ピントノブ” のようなものまで付いている。また、レンズは窓になっており、そこからは絶景を望むことができるのだとか。

中はこんな感じ(レンズ部分)
中はこんな感じ(レンズ部分)

カフェは、ソウルから約40マイル(64キロほど)離れたところにあるらしい。写真を見る限り、あたり一面自然に囲まれた場所のようなので、きっと窓からの眺めも美しいに違いない。

インパクトのある外見から、一瞬「クラブかな?」と思ってしまった筆者だが、その実、夫婦とその娘で仲良く経営する自然派カフェのようでひと安心。もしかすると将来ここが、世界中のカメラ好きの集まる “憩いの場” になる、かも?

また夜は目立つなー
また夜は目立つなー

 
※画像の出典はすべて Dreamy camera cafe 公式 Facebook ページ