「こんな食べ物あったらいいな」と空想にふけることは誰にでもあるだろう。大好物だけを詰め込んだパフェや、高級食材だらけの鍋。まあ、普通は妄想だけで終わるものなのだろうが、中には実際に作ってしまう勇者もいる。

米国のフードブロガー Nick Chipman 氏は、長年(?)の構想の末、アルファベット A から Z の頭文字で始まる具材全26種を挟んだ「アルファベット サンドイッチ」を制作したそうだ。米国メディア Foodbeast が伝えている。

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ.........  (出典:Dude food)
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ.........
(出典:Dude food)

具材は、ベーコンやチーズといったオーソドックスなものから、まさかのクリスピー・クリーム・ドーナツまで。また、「N」でヌードル(noodles)、「R」でらーめんヌードル(ramen noodles)と2度めん類を起用してくるあたり、Nick 氏がいかに材料集めに手を焼いたかがわかる。

Nick 氏は、自身が運営する Web サイト Dude foods の中で、このように話している。

「X から始まる材料を探すのが、どれほど難しいか想像できるかい?悩んだ結果、ぼくはついに “xylocarp” と呼ばれるフルーツ、つまりココナッツの一種を見つけたんだ」

また、このようにも。

「たくさんありすぎて、なかなかひとつに決められないものもあった。たとえば F で始まる具材には、french fries と fish sticks どちらを採用するか迷ったよ」

それにしても、26種類もの具材をよく倒さず垂直に立てられたものだ。それについては、Nick 氏の「フードブロガーとしてのキャリアが、この逆境をも乗り越えさせた」らしい。

アルファベット サンドイッチに使われた材料の一覧は、以下のとおりだ。なお、もしこの記事に感化された人がいたら、ぜひ「50音順サンドイッチ」づくりにチャレンジしてほしい。

Avocado → アボカド
Bacon → ベーコン
Cheese → チーズ
Doritos → ドリトス(トルティーヤチップス)
Egg → 卵
Fish sticks → フィッシュスティック
Garlic bread → ガーリックトースト
Ham → ハム
Italian sausage patty → ソーセージパティ
Jalapeño peppers → ハラペーニョ
Krispy Kreme doughnut → KKD のドーナツ
Lettuce → レタス
Macaroni and cheese → マカロニチーズ
Noodles → ヌードル
Onion rings → オニオンリング
Pepperoni → ペパロニ
Quest blanco dip → 不明、おそらく Queso Blanco Dip(ディップソース)のこと?
Ramen noodles → らーめんヌードル
Spinach → ほうれん草
Turkey burger → ターキーバーガー
Usingers bratwurst → Usingers 社の豚肉ソーセージ
Veal Parmesan → 子牛肉のカツレツ
Waffle → ワッフル
Xylocarp → ココナッツの一種
Yams → サツマイモ
Zucchini → ズッキーニ

※出典:Dude food