寝ても覚めても愛車のことばかり考えてしまう自転車愛好家にとって、食べ物・飲み物を運ぶというのは永遠の課題だろう。そんなみなさんにご紹介したいグッズがある。

■コーヒーをテイクアウトしたい

コーヒーが飲みたい。でも、自転車だってこぎたい。そう、俺はこぎたいんだ。風を感じたいんだ!そんな人にオススメなのが、スウェーデンの通販サイト BOOKMAN で販売されている「Cup Holder Raging」(約4,000円)。ハンドルの前部に取り付けておけるので、ハンドルから手を離すことなくテイクアウトコーヒーを運べる。

コーヒーの香りに誘われながら
コーヒーの香りに誘われながら

ただし、きちんとフタをしないとこぼれる可能性も否定できないので、そのへんはあくまでもデリケートな取り扱いをお願いしたい。

■買ったビールを自転車で運びたい

ビールが好き、自転車が好き、ビールを買うのに自転車に乗る、ビールをたくさん飲む。これらに1つ以上当てはまる人にオススメなのが、Cool Material で販売中の「Leather Growler Carrier」(約9,500円)だ。

取り付けもカンタン!
取り付けもカンタン!

使い方は、ケースの中にビール瓶を入れて、サドルのフックに取り付けるだけ。革製なので見た目もエレガントだし、丈夫そうだ。

ほら、スタイリッシュ
ほら、スタイリッシュ

■いつでもどこでもバナナが食べたい

消化が良く、栄養価も高いといわれるバナナ。そんな万能フルーツを、自転車に乗っている間も常に持ち運びたい。そんな人にはこれだ。Etsy で販売中の「Banana Holder」、5,851円(これだけ値段が具体的)!

好きなところに取り付け可能
好きなところに取り付け可能

こちらも革製で、車体のありとあらゆるところに取り付けることができる。ハンドル前部やサドルの後ろ、なんなら、自分のジーパンのベルトに装着することだって可能だ。

腰のそれはまさか拳銃...じゃなくてバナナー!!
腰のそれはまさか拳銃...じゃなくてバナナー!!

 
ただし、一瞬武器を持っているように見えなくもないので、特に暗い夜道を走る時には職質に気を付けたいところだ。