イスラエルのデザイナー兼スタイリスト Maor Zabar 氏が、本物の “寿司” そっくりなフェルトの帽子「寿司ハット」を制作した。米国メディア Foodbeast が伝えている。

ちゃんとお箸も付いてる!
ちゃんとお箸も付いてる!

「寿司ハット」は、木の板の上にのせられた “のり巻き” と “サーモン寿司”、そして “ワサビ” を再現した帽子。すべてハンドメイドで、ウールのフェルト生地でつくられている。

これをかぶっていれば、寿司が好きなことは一目瞭然。きっとやさしいパトロンが「キミ、美味しい寿司を食べに連れて行ってあげよう」と声をかけてくれるだろうし、どんな頑固な板前さんでも笑顔で寿司を握ってくれるだろう。

寿司が好きなことを存分にアピール
寿司が好きなことを存分にアピール

また、Maor 氏は寿司ハットのほかにも、サラダボウルやベリーパイ、フライパンにのった目玉焼き(!)のデザイン帽子も制作。目玉焼きにいたっては、調理中のコンロの火まで再現されている。どれも巧みな色使いで、かなり美味しそうだ。

ベジタリアン向け?
ベジタリアン向け?

パイ投げならぬ、パイかぶり
パイ投げならぬ、パイかぶり

 
取っ手が引っかかりそう
取っ手が引っかかりそう

これらの帽子は、海外通販サイト Etsy にて販売中。価格はすべて日本円で28,313円、日本への配送には、送料が別途2,872円かかる。

※画像の出典はすべて Etsy。